c.ステップアップ講座/研究科/専科コース

2018年12月 3日 (月)

H30 専科コース 第7回「震生湖誕生の歴史と周辺地域の自然を探る」

実施日:平成30年11月29日
会場:震生湖周辺
講師:全国森林インストラクター協会神奈川会 大橋康雄氏 菅原啓之氏
テーマ:震生湖誕生の歴史、秦野盆地とその周辺の地形や湧水について学ぶ
参加者:22名 サポート2名

Spb290010

震生湖と秦野盆地について、地形面の解説を中心に聞きながらの観察会です。
大橋先生・菅原先生の2班で観察開始です。
.
.

Spb290012Spc020086

今回は国土地理院2万5千分1地形図「秦野」を教材に用意して、地図を読みながらの活動です。

◆2種類の川

Spb290015_2

まずは「水無川」

川筋はほぼ直線で、河床は砂利が多いのが特徴。

Photo

川筋が直線なのは、高低差が大きいため

「水無川」の源流は丹沢山地。丹沢は昔々島でした。500万年前に本州と衝突し、100万年前には伊豆半島が丹沢に南から衝突、丹沢は激しく隆起し丹沢山地となりました。

Photo_4

丹沢山地を川が侵食して、砂利を体積して出来た扇状地が秦野盆地です。ですから河床には砂利が多く、水は地下に浸透します。なので「水無川」の水量は少ないのでしょう。地下に浸透した伏流水は湧水として出てきます。

Spb290028Spb290030

そして「室川」 こちらの川筋はくねくねと曲がり、河床には岩盤が覗いています。

Photo_5

川筋がくねくねと曲がるのは、高低差は少ない平坦な所を流れるためです。こちらは、扇状地の扇端部分なので、砂利の堆積はなく岩盤が現れます。湧水を集めて流れる川なのです。

◆秦野盆地の湧水群:扇状地に浸透した伏流水が、色々な場所から湧き出し湧水群をとなります。秦野盆地の伏流水の量は、芦ノ湖の1.5倍と言われています。

Spb220004Spb290020

弘法の清水

Spb220008Spb290023Spb290024Spb220014

寿徳寺湧水地

Spb220056Spb220053

小藤川遊水地

Spb290080Spb220058

まいまいの泉(公民館)

Spb290045Spb220025

今泉名水桜公園:湧水が溜まった池です。なかなかの水量があります。

Spb220033Spb290053Spb290051Spb290055

白笹稲荷神社:関東三大稲荷神社 

Spb290049Spb290048

左:昔の井戸  右:一般家庭で自噴している湧水

◆渋沢断層

Spb290058

渋沢断層は大磯丘陵と秦野盆地を境する断層で、この断層が活動したために秦野盆地が生まれました。渋沢断層の大磯丘陵側からの秦野盆地の眺望はなかなかです。断層活動前は「水無川」は、中井町を通って南へ流れていました。

◆震生湖の誕生

Spb220043Spb290063Spb290062Spb290064

Spb290060Photo_6

震生湖は1923年9月1日に発生した関東大震災により、大磯丘陵が地滑りを起こし、土砂が市木沢を閉鎖し、堰止湖を作りました。それが震生湖です。地滑りの原因は、6万年ほど前の箱根山の大噴火で降り積もった大量の軽石層に雨が浸透し滑りやすくなっていたためと考えられています。東京軽石層は、横浜や東京でも20~30cmほど堆積しているので、今後の大地震では、地滑りの可能性あるため、皆さんの住んでいるところでも注意が必要です。

Spb290074Spb290078

最後に、湧き水で作っている豆腐屋「三河屋」に寄って、美味しいお豆腐をお土産にしました。

Spb290037Spb290035

紅葉の1日、地学の解説を聞きながら眺めた、震生湖・秦野盆地は興味深く、今までとは違った感覚で眺めることができました。 (檀野)

2018年10月26日 (金)

H30 専科コース 「八王子城山」

実施日:平成30年10月25日

会場:東京都八王子市 八王子城跡
講師:ローカライズプロダクション 代表 大内征氏
テーマ:戦国時代の山城探訪
参加者:参加者18名 サポートスタッフ1名

Pa250028

今回は低山トラベラー・大内征氏に八王子城山を案内していただきました。
大内さんは、低山紹介の本を出しています。
「低山トラベル とっておき低山30座の山旅ガイド」
「とっておき! 低山トラベル 関東平野を取り巻く名低山31座」

Pa160008

八王子城は、小田原北条氏が築いた関東屈指の山城です。時は戦国時代、小田原北条氏は伊豆から勢力を伸ばし、小田原を拠点に南関東を勢力を伸ばしていました。上杉謙信や武田信玄とも争っていました。北の拠点として強固な山城を築く途中で、豊臣秀吉の関東制圧の一環で、前田利家・上杉景勝軍に攻められ落城しました。この落城が決め手となり、小田原北条氏は滅亡します。
Pa160004

城郭は壮大で、城下町に当たる「根小屋地区」、城主の館があった「居館地区」、戦闘時に要塞となる「要害地区」に分けられます。江戸時代の城は、平地につくられ、天守閣がありますが、戦国時代の城は、山の地形を利用したもので、天守閣のような建物はありませんでした。

Pa160118Pa250011

八王子城山を紹介するガイダンス施設で、大内さんから北条氏や八王子城山の解説を聞いて、理解を深めます。

Pa250015

本丸目指して登山開始です。

Pa250041

山道は急峻で息が上がります。城を攻めるには、山を登るところから大変です。


Pa250019

途中には「曲輪(くるわ)」と呼ばれる、土塁で囲んだ平らな場所があり、ここで兵が駐屯し、敵を打変え打ちました。金子曲輪・小宮曲輪・松木曲輪など、いくつもの曲輪が敵の侵攻を迎え撃ちました。

Pa250024Pa250023

一気に登ると、見晴らしのいい場所ありました。当日は新宿のビル群がやっと見える程度でしたが、天気が良ければ房総半島まで見えるそうです。

Pa160065Pa160027Pa250026Pa250025

八王子神社:山頂には、城の守護神とした「八王子権現」が祀られた神社です。昔、妙行が山中で修業をしている際に出現した牛頭天皇と八人の王子に会ったことで「八王子権現」を祀ったといわれます。

Pa160047

本丸跡:城の中心で最も重要な曲輪です。スペースが広くないので、天守閣などの大きな建物はなかったと考えられています。

昼食は松木曲輪で、隣の高尾山を眺めながら。食後は山城を下り御主殿へ

Pa250045_2

曳橋:大手門から古道を通って御主殿に向かいます。御主殿の手前には「曳橋」が城山川に架かっています。当時は簡単な木の橋が架かっていて、この橋を壊すことで敵の侵入を防ぎました。

Pa250047_2

虎口:橋を渡って、御主殿までの通路は、高低差9mのコの字に曲がった登り階段で、防御の拠点となるような工夫が凝らしてあります。

Pa250051Pa250052

御主殿跡:建物柱の敷石が残っています。主殿、会所、庭園などがあったようです。

Pa160112

御主殿の滝:落城時に御主殿にいた北条方の武将や婦女子らが、滝の上流で自刃して、次々に身を投じ、その血で城山川の水は三日三晩赤く染まったと伝えられています。

Pa250054_2

戦国時代の山城に登り、歴史を感じた一日でした。

(檀野)

2018年7月26日 (木)

H30 専科コース 第4回「草木染体験」

実施日:平成30年7月19日
会場:黒川青少年野外活動センター
講師:森遊倶楽部/森林インストラクター 四反田 有弘氏
テーマ:採取植物で草木染体験
参加者: 11名 サポートスタッフ1名

P7190004

前回 5/17染料植物観察に引き続き、四反田講師による草木染めの講座です。
今回はストールとトートバックを染めます。
Dsc02583Dsc02586

古代の染料の多くは漢方の生薬であり、内服して効果のあるものが染料として残ったとも言えます。産着は昔から、藍染の青色、鬱金や黄檗の黄色、紅花染の赤でした。それらは皮膚に優しく、虫除けにもなっていました。まさに「草木染は着る漢方薬」と云えます。

Photo_2Photo_3

今回の染材は、黄花コスモスと白樺です。

Dsc02585P7190018_2

染材を刻んで、袋に詰め

P7190023P7190030

鍋で煮詰めて、染液を作ります。

P7190050

①浸染:染液に布を浸し染めます。

 この時染液の温度は、50~60℃。
 熱さを我慢しながらの手作業!
 


Dsc02593

 

②媒染:媒染材(今回はアルカリ媒染)に浸けます。
 媒染の働きは
 1.染料を定着させる。(濃く染まる)
 2.色を落ち難くさせる
 3.発色し色を出す。
 鮮やかで濃い色に変わりました。:染材(今回はアルカリ媒染)に浸けます。

 



P7190054

 

③水洗:染液と媒染液を水洗いします。

 ストールがきれいに染まりました。


P7190055Dsc02601

◎トートバックには、絞りで模様を入れました。

P7190040

・ビー玉を包んだり
・糸で縛ったり
・板で挟んだり

P7190057

浸染や媒染の時には、染めたい所が染まるように、棒で広げて染料を浸み込ませます。熱い染液の中で丁寧な作業が要求されます。

鉄媒染も使って、2色染めにも挑戦しました。



P7190064P7190069_2P7190065P7190078

個性豊かな、素晴らしい作品ができあがりました。

皆さん、大満足の講座でした。(檀野)

P7190076

 

2018年6月27日 (水)

H30 専科コース 第3回「ハナショウブ・カキツバタ・アヤメ」

実施日:平成30年6月21日

会場:大船フラワーセンター
講師:全国森林インストラクター神奈川会 菅原啓之氏 久野正樹氏
テーマ:ハナショウブ・カキツバタ・アヤメの見分け方、分類を知る
参加者:14名 サポートスタッフ1名

P6210001今回の集合は大船!

P6210003P6210007

明治31年創業 あじ寿司弁当の「大船軒」・鎌倉時代の「首塚」などを見学しつつ「大船フラワーセンター」へ

P6210064P6210065

午前中は菅原先生のハナショウブのお話しです。

AP6210009

万葉時代には、ショウブをアヤメグサと呼び、アヤメはハナアヤメと呼ばれていました。漢名の菖蒲はセキショウを指していてました。花菖蒲をショウブやアヤメと呼ぶ場合もあり、混乱しています。

215

花菖蒲・アヤメ・カキツバタの見分け方は

開花期:アヤメ 5月上旬・カキツバタ 5月中旬・花菖蒲 5月末

花弁の基部の模様:アヤメ 網目模様・カキツバタ 黄白地V字模様・花菖蒲 鮮黄地V字模様

葉の形:アヤメ 細く葉脈無し・カキツバタ 広く葉脈無し・花菖蒲 葉脈あり

910

世界に200~250種あると言われるイリス属植物は世界的にはアイリスと呼ばれ、日本では「アヤメ属」と呼ばれ 6種2変種、海外からの渡来のシャガ、イチハツ、キショウブがあります。

76

ギリシャ神話では、天界と地上を結ぶ虹を神格化し、その女神にイリス(英読みアイリス)という名前を与えました。絵画にも意味を持たせて描かれています。

日本では、カキツバタを伊勢物語の中で在原業平が和歌に詠い、尾形光琳は屏風絵に描いています。

1417

ハナショウブは江戸時代に武士のたしなみとして、品種改良が進みました。

江戸系は、池のほとりや畦道に植え、群生している美しさを楽しみました。

1819

肥後系・伊勢系 江戸の花菖蒲が熊本や伊勢に伝わり、鉢に植え室内で鑑賞するために品種改良されてた歴史があります。

午後からは、大船フラワーセンターで観察です。

P6210017P6210027

大船フラワーセンターでは、前身の農業試験場 大正時代にハナショウブの品種改良を行い大船系300品種を育成しました。今年は花が早く残念なことに花はほとんど終わっていました。

P6210036P6210037

品種改良が豊富なバラ園

P6210051P6210048

温室で世界のスイレンや熱帯の植物を観察

P6210052P6210054P6210057P6210055

P6210062P6210061

最後に入り口広場で、ハスとスイレンを鑑賞し終了となりました。(檀野)

2018年5月18日 (金)

H30 専科コース 第2回「染料植物観察」

実施日:平成30年5月17日(木)
会場:川崎市黒川青少年野外活動センター
講師:森遊倶楽部/森林インストラクター 四反田 有弘氏
テーマ:万葉のよこやまの道で染料植物観察
参加者:15名 サポートスタッフ2名

今日のテーマは染料植物。午前中は座学、午後はセンターから「よこやまの道」を通り、はるひ野駅まで歩き、染料植物を探しました。

Dsc00026Dsc00104

座学のテーマは、「色の始まりと草木染め・日本の伝統色」。
P5180004Dsc00024

万葉時代には、もうすでに多様な色を認識し、植物や風景の名前をそのまま色の名にしていました。例えば、茜色(あかね)や紫紺(しこん)、若竹色などです。

また、聖徳太子が「冠位十二階」を定め、冠位に色を定めました。冠位と色彩の繋がりが強くなり、身分は色彩により区別されるようになり、貴族階級は色彩美を意識し美意識が完成されていくことになります。

布は水にさらし白くすることから始まり、草木を使って染め、染を重ねたり、媒染を使う等工夫を凝らして多様な色を生み出しました。

P5170005P5170006

外に出ました。まずは、どんぐり山から。ここにも染料に適した植物が数多く見られました。色々なものを見つけながら進みます。

 P5170010P5170012

次は汁守神社です。大木があったり、見事な椿があったり、神秘的な場所にも染料植物が見られます。

 Dsc00054Dsc00061P5170026P5170027_2

次は、「谷戸」と呼ばれる丘陵に挟まれた、くぼみの道を進みます。ここではいくつかの染料植物と、畑の作物を観察しました。

P5170038Dsc00077P5170021_2Dsc00074

谷戸から山の中を尾根に向かい、「よこやまの道」に出ました。「よこやまの道」は古代より武蔵野と相模野を眺められる高台にあり、西国と東国を結ぶ要衝として活用されていました。「万葉集にも詠われた防人の道」でもあり、万葉の色を思いながらの散策です。

Dsc00106P5170055P5170057_2P5170060
前は住宅街、後ろは山。なんだか不思議な感覚でした。

 P5170058P5170052
峠を下り、はるひ野駅へと到着。時間にして二時間ちょっとでしたが、あっという間に感じました。ただ、とても暑い一日でした。

Dsc00113Dsc00118

皆さん、お疲れ様でした。(檀野)

2018年4月26日 (木)

2018年度 専科コース 第1回サクラの分類と文化史

実施日:平成30年4月5日(火)
会場:神奈川県自然環境保全センター
講師:全国森林インストラクター神奈川会 辻 真澄 先生 菅原 啓之 先生
テーマ:サクラの分類と文化史
参加者:18名 サポートスタッフ3名
今年度初の専科コース、数日前まで汗ばむ暑さが続いていたものの、久しぶりに肌寒い朝、総勢18名もの皆さんがお集まりくださいました。
年度初回またお天気もあってか、初めは期待と幾分の不安が入り混じる表情。けれども、と皆さん次々と会話に花咲き、次第に雰囲気はほぐれていきました。
「入門コース」を修了したばかりの7期生の皆さんからも、はじめての専科が愉しみでならなかった!というお声もたくさんいただき、有難い限りです。
今年度より事務局も変わりました。
平成27-29年度(5-7期)を担当させていただいた高柳より引き継ぎ、海のプロフェッショナル檀野がご一緒させていただく運びとなりました。どうぞよろしくお願いいたします。(「入門コース」葉山や真鶴での活動が現在から待ち遠しいとともに、里山やさまざまなフィールドの魅力の発見、皆さんとの交流を本当に愉しみにしております!)

今回のフィールド「神奈川県立自然環境保全センター」へは、本厚木駅前より30分弱でバス移動。

5_3

6_2

午前中は座学。辻真澄さん(全国森林インストラクター神奈川会)より、今回のテーマ「サクラの分類と文化史」について、お話をいただきました。まずは、話題として親しみやすい文化史について。

「桜と花見の歴史」「桜の語源」「日本人と桜(なぜ日本人は桜が好き?)」「桜と名歌」など、日本でいかに桜が愛されてきたか・いるか、私たちの生活や自然感また感性(心象風景)に深く染みわたっているかなどお話を伺いました。たとえば、満開の花ではなく散り際にこそ「もののあわれ」を感じる現代の日本人の美意識は、まさに桜を愛でてきた日々の中ではぐくまれたとも言えそうだという話題も。

また、分類については、「桜の分類あれこれ」「開花のしくみ(休眠打破)」「サクラを見分けるポイント」「母種の特徴(オオシマザクラ/エドヒガン/カンヒザクラ/ヤマザクラ/マメザクラ」などの科学的なお話もたっぷりと聞くことができました。野生種は何と10種のみだそうで、その他の桜はすべて野生種同士のかけ合わせによる栽培種で、アジアを中心に1,000種もあるようで、日本人がどれだけ桜に魅せられ続けてかたかを物語っています。また、桜の原種の1つである「ヒマラヤザクラ」はさくらあ(植物としてのサクラ)の原種とされており、もともとヒマラヤ地方で秋に咲いていたのだとか。
その後に生まれた、他の桜の原種は今や春咲き。植物の進化の歴史と、人間の文化は本当に重なりあっているものなのだなと感じました。(ヒマラヤ桜を観たい方には、都内の小石川植物園や熱海がおすすめのようです。

34_2

21_2

午後は、2グループに分かれて野外観察。辻さんグループと菅原さん(日本森林インストラクター神奈川会)グループのそれぞれで、広い敷地内を歩きまわりながら、桜や椿 それぞれの原種や栽培種をひたすら観察。あまりの美しさと七変化に「わあーーー」と感嘆の声ばかりもれていました。50年前までは県営の樹木試験場だった場所であるため、ほとんどの樹には立看板がついていて、まるで野外ミュージアム!名前も知って、より植物と親しむことができますし、季節を変えて何度訪れても愉しめるおすすめのフィールドです。(寺田)

2018年3月 8日 (木)

H29年度 専科コース歴史探訪科 第4回「頼朝の逃亡ルートから海を眺める~」

2月22日、少し肌寒い曇り空の下、第四回目の歴史探訪科が開催されました。
彩の国シニア自然大学校との共催で、21名の方が参加されました。

Dsc_0528

寒波の影響か、梅の開花は例年より遅れ、まだ2~3分咲きといったところでしょうか。つぼみのものからかわいらしい花をつけたもの、白や淡いピンク、黄色ががった
ものまで、様々な梅の様子を見ることが出来ました。

Dsc_0529

Dsc_0532














Dsc_0522

まずは、登山前のBEFORE写真。
<幕山の由来>
プレートが衝突して火山活動の名残で盛り上がっている山がたくさんありますが、幕山はそのひとつです。
マグマが冷えたときに縦にきれいに割れ目が入り残ったものが、柱状節理とよばれ、幕山はその典型的な姿が見られます。
そのまっすぐに切り立った岩を利用して、ロッククライマーの聖地でもあります。

Dsc_0525

この切り立った岩が、舞台の幕のようだったため、幕岩と呼ばれ、幕岩がある山だから幕山と言われるようになったそうです。
夜は梅だけでなく、岩までライトアップされるため、とても綺麗に見えるそうです。





Dsc_0536

Dsc_0537

途中まで登ると、「イルカがみえます!」とのこと。
こんな遠くから、イルカ?!と思うと、遠くに真鶴半島。
この真鶴半島がイルカのように見えるのでした。
真鶴半島は、まるで原生林のような樹林があります。木々は、かなり樹幹も大きく、この森もなかなか歩きごたえのある森ですが、実は、ここは原生林ではないそうです。木材の樹木を栽培する御用林として木を植えられたという歴史があり、いまでは、魚つき林とも呼ばれる通り、木々の恵みが海に注ぎ込み、そのおかげで魚がおいしい場所となっています。講師の大内さんは、アジフライがオススメとのことでした。

Dsc_0539

 山頂到着!!
 ゆるやかな登りで、小まめに足休めをしながら、がんばって登ってきました。
 少し雪がちらほら待っていましたが、お弁当タイムです。

Dsc_0543

 

 午後は、頼朝の敗走ルートを辿って、自鑑水へ。
 頼朝は、箱根権現、走湯大権現を信仰しており、真鶴から箱根へ逃げ延び、再び、戻ってくる時に幕山を通ったといわれています。今回訪れたのは、その中でも、エピソードが残っているといわれている場所です。

Dsc_0545

頼朝は、この自鑑水で、自分がやつれていることに心を痛め、自害しようと思ったのですが、部下に止められ、気持ちを取り直して、鏡を見ながら髪を結い直し、再起したとのこと。
冬場は水が少ないとのことで、自らをのぞき込めるほどの水量はありませんでしたが、
何か、力がわいてくるような、神聖な雰囲気がありました。


Dsc_0546_2

Dsc_0547_2

このあと、頼朝は、岩海岸から海へ出て、千葉の竜島に上陸したと言われているそうです。そこで、武士で勢力をもっていた人たちが集結して、再起し、鎌倉幕府を開くことになったそうです。
そんな意味合いもあり、ここは、鎌倉開運街道と呼ばれています。





この日は、幕山の山頂の周遊コースをぐるりと一周して、下山しました。
あいにく、視界は悪く、また、下山時にも足元の石ががれている箇所もあり、
転ばないように注意しながらとなりましたが、みなさん、無事に下山できました。

Dsc_0555


←無事に下山!AFTER写真です。

この日は行きませんでしたが、近くには、ししどの窟屋という場所があり、そこは、鳥が頼朝を救ったと言われる洞窟でもあります。

真鶴の港にもししどの窟屋があるそうです。
身を隠して船を待っていたのではないかと言われており、いろいろなところに伝説を残しているそうです。

歴史やその土地の文化を探りながら、低山を散策する「歴史探訪科」。
全4回が無事に終了となりました。来年度も専科コースにて、大内さんにご案内いただきます。
ご参加された皆さん、お疲れ様でした。また、ありがとうございました。(高柳)

2018年2月14日 (水)

海辺の野鳥観察

専科コース『野鳥科』の活動報告です。
実施日時 平成30年2月8日(木)
会   場 葛西臨海公園(東京都江戸川区)
講   師 全国森林インストラクター神奈川会 松井 公治氏(JFIK)
テ ー マ 海辺の野鳥観察

Dsc03083

Dsc03074

Dsc03076

不安定な天気が続いていましたが、この日は寒さも若干緩み、野鳥観察日和となりました。
集合後、一日の流れを確認し、まずはハトにまつわる話から。
日本ではほとんど聞きませんが、ハトを食べる国は意外と多いとのこと。
フランスでは高級品、エジプトでは伝統料理、中国ではポピュラーな食材…なので、中国のハトは人間が近づくと「捕まえられる」と思ってすぐに逃げるそう。日本のハトならエサがほしくて寄ってくるくらいなのに。
なので、中国の方が日本に来ると「なぜ、日本人のハトを捕らないの?あんなに丸々太っていて美味しそうなのに…」と驚く人もいるとかいないとか(笑)

Dsc03072

葛西臨海公園は、都が東京湾沿岸の汚染や埋め立てで破壊された自然環境を再生しようと整備されたもので、約81万平米もある広大な公園です。
園内には水族館や観覧車、鳥類園があり、園内の森や池には東京23区でも見ることが少なくなった動植物が生息しています。
2020年のオリンピックに向けて、カヌー・スラローム会場の工事をしていて、見学するデッキもあります。

Dsc03071

園内の草むらからは「チャッチャッ」という鳴き声が。これは、ウグイスの地鳴きです。ウグイスと言えば「ホーホケキョ」のさえずりで有名ですが、位置を知らせたり、警戒を促したりする時は「チャッチャッ」と地鳴きをします。
ウグイスは警戒心が強く、めったに人前には現れません。公園内の鳥は人慣れしており、なんとウグイスも草むらから出てきました!なかなかお目にかかれないウグイスに会うことができ、参加者一同釘付けでした。

Dsc03105

海辺には、スズガモの群れが。今回は控えめでしたが、下見の際には、この何倍もいて、ごま塩のようでした。
スズガモのオスは、白と黒のモノトーンでお洒落さんです。頭部は黒緑色の光沢があります。

Dsc03087

Dsc03085

Dsc03093

Dsc03095

Dsc03096

Dsc03097


鳥類園は広大な森の中に「上の池」(淡水)と「下の池」(汽水)があり、池の近くには「ウォッチングセンター」や野鳥観察のための施設があります。
公園周辺は渡り鳥の休憩場所になっていて、沖合の浅瀬を餌場にする野鳥やそれを狙う猛禽類もいます。下の写真は、見えづらいですが、ノスリです。
樹木のてっぺんにとまる傾向があり、この日も木の一番高い所にとまっていました。
とても不安定な場所にいるにも関わらず、その佇まいがシュッとしていてカッコいい!!
でも、望遠鏡で見ると、目はクリクリでとても愛らしい。
猛禽類が飛んでいるけれど、何の種類がわからない時があるかと思います。
双眼鏡でじっくり見た時、顔が可愛かったらノスリ!だそうです。

Dsc03101

Dsc03102

Dsc03109

Dsc03110

Dsc03112

Dsc03119

Dsc03124

公園内もさまざまな場所に梅の花が。
寒い日が続きますが、小さな春の訪れに心がほっこりしました。

Dsc03116

Dsc03118

Dsc03125


2017年度の専科コース野鳥科は、里山・水辺・海辺、毎回違うフィールドで観察を行い、一期一会の出会いがたくさんありました。
普段気付いていない(意識していない)だけで、ほとんどすべての環境に野鳥は生息しています。
そんな野鳥の存在に気づき、意識することで、普段歩く道のりも今まで違ったものになるのではないでしょうか。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
■今日出会った野鳥たち
コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロムリカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、コサギ、アオサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、ノスリ、チョウゲンボウ、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ジョウビタキ、ツグミ、モズ、ウグイス、メジロ、シジュウカラ、アオジ、カワラヒワ、シメ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト、タシギ
(事務局)

2018年1月23日 (火)

水辺の野鳥観察

専科コース『野鳥科』の活動報告です。
実施日時 平成30年1月11日(木)
会   場 酒匂川(足柄上群松田町)
講   師 全国森林インストラクター神奈川会 松井 公治氏(JFIK)
テ ー マ 水辺の野鳥観察
雲一つない快晴。真っ青な空に白い富士山がくっきりと映えます。
酒匂川に行く前に、寒田神社で木々にとまる野鳥の観察からスタート。

Dsc03030_2

Dsc03037_2

境内には県の名目100選にもなっている立派なカシやナギの木もありました。

ナギは「凪ぎ」に通じることから、水にまつわるご神木にもなっています。

また、葉脈が縦方向に走っているため、葉をちぎろうとしてもなかなかちぎれないことから縁結び・夫婦円満のお守りにもなっているそうです。

Dsc03038_2

Dsc02992_2

Dsc02993_2

Dsc02994_2

Dsc02995_2

Dsc02998_2

Dsc03001_2

Dsc03046_3

Dsc03047_2

川沿いに行くと、周辺の山々が一望できます。

酒匂川は神奈川県南西部を流れる全長約 45kmの川。

氾濫も多く、その昔は「あばれ川」と呼ばれていたそう。
マガモは、イルカのように半球睡眠ができると聞いて「私も半球睡眠ができたら、いいのになぁ~」と羨ましく思ってしまいました。

今回、特に印象に残った鳥はミサゴです。

英名はオスプレイ。あの新型輸送機オスプレイの由来となった鳥です。
空中で静止するホバリングや急降下もでき、その姿はとても美しいとのこと。
佇むミサゴも十分凛々しかったのですが、ダイブする姿も今度は是非見たいと思いました。

Dsc03003_3

Dsc03009_2

Dsc03059_2

Dsc03063_2

Dsc03025_2

Dsc03066_2

風も強く、鳥に出会えるのか不安もありましたが、今回も多くの野鳥に出会う事ができました。
川沿いには、梅や桜もちらほら。

春の訪れが楽しみです。

次回の野鳥科は、2/8(木)海辺の野鳥@葛西臨海公園です。

※市川野鳥の楽園から場所が変更になっています。ご注意ください。

■今日出会った野鳥たち
マガモ、カルガモ、コガモ、カワアイサ、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オオバン、トビ、ノスリ、チョウゲンボウ、ユリカモメ、キジバト、カワセミ、ヒメアマツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ジョウビタキ、ツグミ、モズ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト、ミサゴ、クサシギ、イソシギ、イソヒヨドリ
(事務局)

2017年12月21日 (木)

里山の野鳥観察

専科コース『野鳥科』の活動報告です。

実施日時 平成29年12月14日(木)
会   場 二ヶ領用水と生田緑地(川崎市多摩区)
講   師 全国森林インストラクター神奈川会 松井 公治氏(JFIK)
テ ー マ 里山の野鳥観察
二ヶ領用水は、多摩川などを水源とした神奈川県川崎市多摩区から幸区までを流れる神奈川県下で最も古い人工用水路です。
まずは、水源である多摩川の野鳥観察から行いました。
風がとても冷たかったのですが、雲一つない快晴で絶好の野鳥観察日和となりました。
色々な種類のカモやサギたち、カワウ、オオバン等…多くの水鳥に出会い、夢中になってしまい、なかなか前に進めませんでした。

Dsc02938

Dsc02939

Dsc02940

Dsc02941

Dsc02943
オオタカが何匹かのカラスに追っかけられている様子も見えました。

カラスも頭がいいので、自分が1匹の時はオオタカにちょっかいを出すことは少ないとのこと。

Dsc02944

Dsc02947

Dsc02953

Dsc02955

Dsc02958

Dsc02959

二ヶ領せせらぎ館前はゴイサギの親子が!

 

サギなのにシュッとしておらず、どちらかといったらずんぐりむっくり…しかも、人形のように固まって動きません。ゴイサギの幼鳥は、ホシゴイと言います。名前の由来は、散りばめられた★のような模様から。

Dsc02960

Dsc02961

Dsc02963

Dsc02967

Dsc02968

Dsc02972

Dsc02973

Dsc02974_2

Dsc02977

二ヶ領用水から生田緑地までの道のりに大きな梨の棚がありました。

生産緑地地区とは、市街化区域内にある農地等が持っている農業生産活動等に裏付けられた緑地機能に着目して、公害又は災害の防止、農林漁業と調和した都市環境の保全などに役立つ農地等を計画的に保全して、良好な都市環境の形成を図る都市計画の制度とのことです。

Dsc02978

Dsc02981

生田緑地は紅葉のピークは大分過ぎ、落ち葉のカーペットになっていました。

Dsc02982

Dsc02983
座学では、鳥の特徴や分類、進化について学びました。

また1枚のティッシュの上から風を当てると、そのティッシュは上に上がる=鳥でいう風を利用した飛び方を見せてもらいました。

その他にも、講師の松井先生の様々な場所で出会った珍しい鳥についてもお話しいただきました。

Dsc02987

次回は、1/11(木)酒匂川にて水辺の野鳥です。
■出会った野鳥
マガモ・カルガモ・コガモ・ヨシガモ・オカヨシガモ・ヒドリガモ・オナガガモ・ハシビロガモ・キンクロハジロ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・カワウ・ゴイサギ・ダイサギ・コサギ・アオサギ・オオバン・トビ・オオタカ・ツミ・ユリカモメ・キジバト・ヒメアマツバメ・コゲラ・ハクセキレイ・ツグミ・ウグイス・メジロ・シジュウカラ・ヤマガラ・エナガ・ヒヨドリ・スズメ・オナガ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ドバト・コチドリ

(事務局)

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ