« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月13日 (木)

2019年度 専科コース第8回「真冬の野鳥観察」

神奈川シニア専科コース
第8回「真冬の野鳥観察」
2020年2月5日
フィールド 境川遊水地

寒暖の差が激しいこの頃ですが、
当日は気温高めで風もない穏やかな晴天。
真冬の野鳥観察にはうってつけです。

81
湘南台駅から出発。
近くの公園でブリーフィングです。

82
講師は全国森林インストラクター神奈川会の中澤均氏。
専科ではここ数年お世話になっています。
本日も高性能スコープをお持ちいただき
観察に期待が高まります。

84
チェックリストなど装備点検や各自の双眼鏡調整。
支度を整え遊水地へ向かいます。

85
鉄道高架の壁にカワセミのイラストが。

86
イラストを見ながらまずは予習。
「中央に描かれているのが雌。
 下の嘴(くちばし)が赤いです。」

87
遊水地に向かう道端にはヒイラギナンテンの
黄色い花がほころびかけていました。
例年より早いかな?

88
開設間もない今田管理センターに到着。
今田遊水地を管理する機能に加え、環境学習や
地域活動の場として利用できるようになっています。

89
展示スペースには過去の台風や大雨での
大規模な水害状況がわかる資料が掲示されています。

812
810

811
2_20200213161501
中央広場を横切って川べりへ。
カモ類がたくさん見られます。
中澤さんの説明を聞きつつ、双眼鏡を覗き
図鑑写真と比較、チェックリストの記入。
そしてカメラ撮影と忙しいです。

813
中央広場の石積みにも昨年の台風の痕跡が
随所に見られましたが、境川護岸の草木にも
浮遊していたであろうゴミがたくさん引っ掛かっています。
すべて取り除くには膨大な労力が要りそうです・・・

814
815
藤沢市から横浜市泉区へ。鷺舞橋に到着です。
ここまでで河川や草むら、空中に飛来したものも含めて
20種以上の野鳥出現です!
中澤さんの誘導でひたすら観察、チェック、撮影、図鑑で確認・・
の作業が続きます。

816
Photo_20200213161801
1_20200213161501
俣野、下飯田、今田の各遊水地には
ビオトープが整備され、動植物の保全を行っているそうです。
(境川遊水地公園パンフレットより)

817
3_20200213161501
カワセミは各所に出現しました。
枯れた葦原の中にいますが見つけられますか?
今日はお天気もよいので順光だと羽の色が
いちだんと綺麗です。

818
819
新遊水地橋のたもとにはオオジュリン出現。
保護色でなかなか見つけにくいのですが
さえずりや動きをたよりに双眼鏡で追います。

820
境川遊水地情報センターに到着。
昼食休憩をはさんで午後は座学です。

821
822
中澤さんのご用意くださったわかりやすい資料と
軽妙な語り口で野鳥全般についての講義。
「鳥は恐竜の仲間」ということも系統樹で再確認!

824
座学後は対岸を湘南台駅まで。途中で立派な雄のキジ、
今田管理センターのビオトープではヨシガモのペアも
観察することができました。
声も含め石川メモでは32種。
参加の皆さん、大満足の野鳥観察でした。
(事務局:石川、野鳥画像提供:松永さん

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ