« 2019年度 専科コース第6回「秦野の湧水地めぐり」 | トップページ | 2019年度 入門コース第8回「しめ縄飾りと正月文化」 »

2019年11月29日 (金)

2019年度 入門コース第7回「里山の植物観察 秋」

神奈川シニア入門コース
第7回「里山の植物観察 秋」
2019年11月20日

70
本日の講座は里山の植物観察~秋編~。
座学では<紅葉><果実><冬芽>など植物のさまざまな
冬越し戦略を学び、その実態を野外観察で確かめます。

7_20191128181001 
講師は全国森林インストラクター神奈川会の久野正樹氏。
神奈川シニア1期生でもあります!

7_20191128181002 
フィールドは黒川周辺、汁森神社からスタート。
里山の自然観察~春~で辿ったコースを歩き、季節の変化を
捉える趣向です。

7_20191128181003 
カエデが色づき、よく見ると種子をつけています。

7_20191128181004 
落ちている種子を拾って観察してみます。
一方はカエデ、もう一方はシデ。風に舞って遠くまで運ばれるよう
仕組みになっていることがわかります。

7_20191128181005 
汁森神社の境内奥。さて春との違いは?

7_20191128181006 
ケヤキもすっかり葉を落としています。

7_20191128181007 
洞はムササビの住処では?という説明に思わず見上げます。
昼間はお目にかかれませんが。

7_20191128181008 
汁森神社を出て里地へ。
左手には農地が続きます。

7_20191128181701  
最近目にしなくなっていたセイタカアワダチソウが群生しています
ひところより背が低くなって復活でしょうか?

 7_20191128181009
農地から黒川海道特別緑地保全地区へ。
色づいた樹々が青空に映えます。
ハウチワカエデやコハウチワカエデの
特徴ある葉の形を観察。

7_20191128181010 
7_20191128181011 


7_20191128181012 
緑地では黒川里山アートプロジェクト
<緑と道の美術展>が開催されていました。

7_20191128181013 
手元のパフレットと作品を見比べながら鑑賞しました。
本日のルートで全部を鑑賞することは叶いませんでしたが
全部で25作品も点在しています。

7_20191128181014 
コナラやクヌギの落ち葉を踏みしめながら
さらに歩をすすめます。
あたり一面が茶色ですが、注意深く観察すると
トネアザミやヤクシソウなどがひっそりと花をつけています。

7_20191128181015 
7_20191128181016 


7_20191128181017 
大きなホオノキの実を発見。
このあたりは春の観察時には白いホオノキの花の香りが
漂っていました。

7_20191128181018 
日当たりのよいところには早くもホトケノザが見られます。

7_20191128181019 
緑地を抜け、セレサモス方面の農地へ。
午後3時近くになり、影もだいぶ伸びてきました。

7_20191128181020 
農地端に植えられたカリンの樹にはたわわに
実がついていて、遠目にもよく目立ちます。
ゴールは黒川駅。北風が強い一日でしたが
秋の里山を満喫しました。

7_20191128181021 
おまけ画像。
今日はNさんがビタミンCたっぷりのミカンと
カボチャをご提供くださいました。
カボチャには少しの砂糖を加え、巾着絞りにして
デザートとして頂きました!(事務局:石川)

« 2019年度 専科コース第6回「秦野の湧水地めぐり」 | トップページ | 2019年度 入門コース第8回「しめ縄飾りと正月文化」 »

a.自然派ビギナー講座/入門コース」カテゴリの記事

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ