« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月16日 (土)

H31 TEAMはまとびむし 2月

海岸美化プロジェクト 2月の活動
実施日:2019年 2月 5日(火)
会場:オーシャンファミリー海洋自然体験センター&大浜海岸
テーマ:一色海岸のプラスチックゴミ拾い
参加者:8名

P2050002_3P2050014

2月5日の活動日はどんより曇った ️ 寒~い日でした。大浜海岸の様子は毎月少し違います。

P2050007

今月は海藻がカラカラに乾き、 はまとびむし君達は土のなかに潜り込んだのか 姿が見えません。
.
.
.

P2050020

ゴミを分別してみると多かったのが、暖かい時期にはあまり見られなかったタバコの吸殻、吸い口は特殊な加工がしてあるのか潰れるだけで残るようです。
.

Dsc_0121

いつもは海藻は はまとびむし君のお食事用、(自然の食物連鎖に逆らわず、お願いすることにして)ゴミだけ拾うのですが 、今回はゴミが乾燥した海藻に絡み付いて取れないので海藻ごと拾ってゴミ袋に入れてみました。あっという間に袋はいっぱいになりました。
P2050009P2050017
檀野さんに浜に打ち上げられた コチコチで靴べらのような(軟)骨を持つコウイカや
宝貝の大人と子供の見分け方など教えてもらい午前は終了しました。

P2050019P2050013

P2050028

午後の自由時間は寒かったこともあり、当日の振り返りと、1月にメンバー6名で しもけんさん紹介の講演会「湘南の海洋漂着ゴミを知ろう」(防衛大学名誉教授 山口晴幸先生)を聞きに行った時の内容について話をしました。
沢山お話あったのですが 一部紹介~。 

P2050015

・漂着ゴミの7~8割は廃プラでその6割以上が使い捨てプラ 。
・プラゴミからは有害物質の pb zn ni al mn等が溶け出している。
.

P2050012

・廃プラが目に見えないマイクロプラになる前に拾う事が必要。
・海藻や木屑にはマイクロプラや有毒物質が付着しているので拾ったほうが良い。という先生はお考えでした。

P2050026

沖縄の海岸の例でしたが、ゴミを集めても処理費用がなく、そのまま放棄されてしまう事例もあるとも。それぞれの場所に合わせた対応も必要なのでしょうか・・
.
.

P2050010_2

2月10日のニュースで、スカイラークも使い捨てストローを止め必要な顧客には、トウモロコシ原料のストローを提供する。と伝えていました。

P2050024_2

 

この話からプラに替わる製品が研究されている事に 力を得て私も早々に諦めずに自然を大切にする  生活スタイルを心がけ 探し続けましょう~ (篠原)
 

2019年2月 7日 (木)

H31 入門コース 第17回「里山の文化(3)」

実施日:平成31年1月29日(火)
会場:川崎市黒川青少年野外活動センター
講師:川崎市黒川青少年野外活動センター 所長 野口 透 氏
参加者:8期生10名 聴講生1名 サポートスタッフ3名
テーマ:里山の文化(3) ~日本の食文化 発酵食のススメ~

Dsc07355

午前中は、米糀、麦麹づくりの実践。作業の前に、野口所長より麹・糀とは何かのお話。
.
.

P1011071_2

・麹・糀とは、食品発酵に有効なカビを中心にした微生物のこと。

・味噌・醤油・日本酒などの発酵食品を製造するのにつかわれる。

Dsc07331_3

・日本酒などでは、もともと自然にあったものを繰り返し使用しているが、味噌や醤油では、業者が供給する種麹をもっぱら使用している。
センターで3日前に作った米糀を試食。

P1011075P1011074P1011076P1011078

いよいよ作業開始。先ずは、昨日といでおいた米と麦を蒸し器に移し、

P1011079P1011092

お湯を沸騰させた釜で50分間蒸す。

Dsc07335P1011084Dsc07326Dsc07328

その間の待ち時間には、麹菌を舐めてみたり、米糀味噌1,2,3年物、麦麹味噌1,2年物の食べ比べ。一番人気は、米糀味噌1年物、やはり味がまろやか?

Dsc07336_2

そうこうするうちに50分経過。
・先ずは、麹菌は熱で死ぬため桶に移して人肌程度に冷ます。
.

P1011082

・冷ましたところで、麹菌をまぶし、
.
.
.
.

P1011096

・麹ぶたに移す。
.
.
.
.

P1011097

・米はかまぼこ状に、麦は平らに。
.
.
.
.

P1011107

・これを室にいれ、暖めて発酵させる。室はホットカーペットを敷いたこたつ状のもの。
・42℃になると麹菌が死ぬので、温度管理は大事。
・20時間後に一度手返し、さらに5時間ごとに二度手返しすれば、完成。
室に入れたところで、作業は終了。後は野口所長にお任せ。2月の味噌づくりに使用します。

Dsc07339

昼食では、黒川自家製の味噌を使った味噌汁を堪能。
.
.
.

Dsc07341

午後は、今度は醤油づくり。但し、全行程は時間が足りないので、強力粉を煎る作業を実践。
.
.

P1011124

・小麦から作るのが本来だが、簡単で、意外と味もまろやかということで、小麦粉から。
.
.
.

Dsc07358

・白い強力粉をキツネ色になるまで約20分煎るのは、結構大変。全員が交代しながらきれいなキツネ色になりました。
.
.

P1011067

さらに、センターで作っている塩麴、アンチョビ、柿酢、みりんのつくり方の説明や実際に醤油、柿酢、みりんを舐めてみたりしました。
.
.

P1011070

最後に、スライドを使って「日本の食文化」の講義。
・和食、発酵調味料や発酵食品の効能、発酵と腐敗の説明など日本が発酵に適した気候・風土であり、
 日本独特の食文化を育んできたかを分かり易く解説いただきました。
皆さん、身近なものについての説明に熱心に聞き入っておられ、無事終了しました。
文責:西尾

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ