« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月30日 (水)

H31公開講座「鎌倉常盤山自然観察会」

実施日:平成31年1月23日(水)
会場:鎌倉常盤山と鎌倉山
講師:森林インストラクター 久野正樹氏 大橋泰雄氏 湯浅泰博氏
参加者:参加者25名 サポートスタッフ7名

Pb020035

天気に恵まれ、晴れた1日となりました。
今回は常盤山緑地を訪ねました。観光ルートではない住宅地を縫って、ひっそりとした佇まいの史跡、静寂に包まれた緑地、尾根道では眺望も堪能しました。鎌倉山檑亭では「そば定食」堪能し、眺望や庭園も楽しみました。

P1230035

大仏切通(国史跡)
常盤・梶原・藤沢を経て武蔵に通じる要路として利用されていました。トンネルが開通してからは利用されなくなりました。途中に羊歯に覆われた「やぐら」もあり、旧状をよく残しています。
*切通:中世都市鎌倉は一方が海に面し、三方を山に囲まれた要害の地です。市街地と外部の往来は「切通」という山道でした。
西から、「極楽寺坂」・「大仏切通」・「化粧坂」・「亀ヶ谷坂」・「巨福呂坂」・「朝夷奈切通」・「名越切通」の七口です。

P1230040_2

交通路ですが、経済・軍事的にも重要な地点でした。山稜は凝灰岩泥岩が中心で、加工しやすく、崩して都市開発に利用したり、「やぐら」を設けたりしています。禅寺の庭の風情も醸し出しています。発掘調査では、切岸・平場・堀切など防御的遺構が見られます。切通の外側には、北条氏の有力な一族の屋敷(常盤亭もその一つ)を配し警備に当たらせました。そこには葬送・祭祀、石切り場、石塔制作跡、鎌倉石の生産などの遺構も発掘されています。
P1230028P1230030
*やぐら:山裾を人工的に切り落とした切岸と呼ばれる崖に彫り込まれました。方形の岩窟で、五輪塔などの石塔が納められました。供養の場の仏殿としての機能と共に、遺骨(焼骨)を埋葬することもありました。13世紀後半から造営が始まり、約2百年に渡り数千基が造営されたようです。

P1230037

羊歯植物
植物が地上に上がって来た4億年前から存在し、恐竜時代には肥大生長し、堆積したのが石炭です。鎌倉の切岸の崖地に多種の羊歯が見られます。イノデ、リョウメンシダ、コモチシダ、イワガネソウ、ジュウモンジシダ、ノキシノブ、ベニシダなどが見られます。

P1230033

キチジョウソウ(吉祥草・キジカクシ科)
赤い果実がのぞいてます。家に植えておいて花が咲くと縁起がよいといわれるので、吉祥草の名があります。地下茎が長くのびて広がり、細長い葉が根元から出ます。

P1230046

常盤亭跡(タチンダイ)
鎌倉市役所からトンネルを抜けた地区は常盤と呼ばれています。山奥で常に緑に覆われていたので常葉という名が付き、いつしか常盤と表記されるようになったそうです。

P1230047P1230050

常盤山の麓には、北条氏常盤亭跡(国史跡)が有ります。北条政村(鎌倉幕府7代執権)や、連署北条(塩田)義政などの邸宅があり、将軍を招いて歌会を開いた記録(吾妻鏡)もあり、文化サロン的な所でもありました。発掘調査では、礎石建物跡、銅製水滴・硯・中国陶磁器などが発見され、14世紀前半に焼失した(鎌倉幕府終焉)と推定されます。

P1230049

周囲は南向きの谷戸を切り開き平場として、寺院(法華堂・常盤寺)・屋敷に利用されたようです。大仏切通の警護の目的もあり、市内へは、仲の坂・東坂から大仏切通を抜けて向かいました。政村の屋敷跡は「タチンダイ」と呼ばれています。館のあった台地(館の台)、とか立ち見台がなまったものと推察されています。

P1230052

常盤山緑地
広町・台峯・常盤山は自然が残る三大緑地と言われています。古都保全法に基づく緑の保全区域です。鎌倉市内を囲む山並みの一つである、大仏ハイキングコースから西に大きく張り出した尾根が常盤山緑地です。

P1230053

そこから西に向かい、野村総合研究所跡地に出ます。今後は再開発が予定されていますが、自然との調和が課題でしょう。
,
.
.
Pb020036P1230060
峯山という見晴台が有り、富士山・箱根・鎌倉の海などが一望できます。常盤亭跡地の谷戸からの数本の上り口もあり、古くからあった道と推測されます。太いヤマザクラも見られ桜の時期が楽しみです。下ると梶原地区に出ます。

Photo

タイワンリス

2

1935(昭和10)年伊豆大島から逃げ出し、鎌倉市でも繁殖し、駆除対策を行っています。ニホンリスが駆逐され、小鳥の巣が襲われる、収穫前の果実、左図のように樹皮をはがして食べるなどの被害が絶えません。2005(平成17)年「外来生物法」で「特定外来生物」に指定されました。

Pb020047

笛田
鎌倉山へなだらかに上る地区が笛田です。小川の畔に生える葦の葉が風に吹かれて鳴る様子、ヨシ竹という珍しい植物が生えていて、その茎で笛を作ると美しい音色がした、笛のような形をした田圃が並んでいたなどが名前の由来だそうです。谷戸の中ほどにはまだ水田が残っています。

Pb020053_2Img_0519

Img_0518

夫婦池
江戸時代天領の頃に代官の成瀬五左衛門重治が笛田村に灌漑用水として下池を掘らせました。その後笛田・手広の住民により中央の堤が建設され、上下一対の池を称して夫婦池と呼ばれています。桜が有名で、ヨシの群生、湿地の草花、野鳥も飛来し、鎌倉の隠れ家的公園です。

Img_0522

ハンノキ(榛の木)カバノキ科
湿原のような過湿地において森林を形成する数少ない樹木。根粒菌と共生しており空中の窒素を固定してもらえるので、湿原の貧栄養の土壌でも育つことができます。良質の木炭になり、さかんに伐採されました。水田の畔に稲のはざ架け用、川岸に護岸用に植栽。最近ではフィトンチッド効果から消臭・抗菌などの製品が商品化されています。冬に落葉した枝には、雄花が房状についているのが見られます。

P1230064

鎌倉山
夫婦池から上がったところに、1935(昭和10)年に建てられた鎌倉山碑が有ります。碑面には鎌倉山開発の経緯が記されています。
ドイツ人マイスナーの助言により日本で初めて丘陵式住宅地として造成され、1928(昭和3)年に分譲が開始されました。昭和初期には、政財界や芸能界の豪邸が建ちました。テニスコートやゴルフ場、海水浴行乗合自動車、帝国ホテル分店など、高級住宅地としての施設がと整っていました。南に相模湾、西に富士山が眺められ、「散歩するのに良い鎌倉の山道」を略して「鎌倉山」と名付けられたとも言われます。

P1230066P1230071

P1230069

檑亭
1928(昭和3)年鎌倉山の中心日本で最初の開発分譲別荘地の中にあります。個人の別荘として歴史を重ねてきた建物を生かし、1969(昭和44)年に蕎麦と懐石料理の店が開店しました。本館と山門は2013(平成25)年、国の登録有形文化財に指定されました。本館は江戸時代の建築で、横浜戸塚の豪農猪熊家の旧宅を1929(昭和4)年に移転改築したものです。昭和初期のステンドグラス、シャンデリアなど和洋折衷のモダンなものです。門は、鎌倉西御門にあった高松寺の山門(1624年建立)を移築したものです。昼食は、蕎麦定食を堪能しました。

Pb020083

鎌倉山からは、江ノ島や富士山を眺め、充実した1日となりました。
(事務局 檀野)

2019年1月28日 (月)

H31専科コース 第9回「春の七草・正月に関連する植物」

実施日:平成31年1月17日(木)

会場:四季の森公園

講師:全国森林インストラクター神奈川会 久野正樹氏

テーマ:春の七草と正月に関連する植物

参加者:受講者12名 サポートスタッフ1名

P1170003

午前中は、久野先生に、正月の風習と自然の関係をテーマにお話をしていただきました。

02

正月:旧暦(太陰太陽暦)でいう、1年の初めの月のことです。農事が始まる頃先祖の神「正月様」を迎えるので正月になるという考えです。「年神様」または「歳徳神」とも呼ばれています。新年が近付いてくると、徐々に玄関先に飾られ始める正月飾り。門松と注連縄。正月花にはさまざまな種類の花が使用され、それぞれに縁起が良いとされる理由があります。

04

注連縄(しめなわ):神社神道では「社」・神域と現世を隔てる結界で、御霊代・依代として神がここに宿る印です。天照大神が天岩戸から出た際、二度と天岩戸に入れないよう太玉命が注連縄(「尻久米縄」)で戸を塞いだのが起源です。注連縄を張る行為には「なわばり」「結界を張る」という意味があります。

03

ウラジロ:左右に2枚の葉が広がることから「夫婦円満」を、さらに葉の裏が白いことから「清らかな心」を表します。

ダイダイ:「一族の代々繁栄」を意味です。

ユズリハ:新しい葉が伸びた後、古い葉が黄色くなり落葉する様子が次の世代へ「譲る」ことを連想させ、「親から子への世代交代」の祈願を表します。

05

門松:年神様が家を見付けやすいように、家の目印として松の飾りを立てたことが門松の始まりです。門松に飾られる植物は、縁起の良い松・竹・梅です。「歳寒三友(厳寒三友)」と称され、寒い冬でも葉が枯れず、強さからお正月の「縁起物」として尊ばれてきました。

06

鏡餅:正月飾り(床飾り)。 穀物神である「年神(歳神)」への供え物で、「年神(歳神)」の依代です。昔の青銅製の鏡の形に似ていることから鏡餅と呼ばれます。

「鏡=鏡餅、玉=橙、剣=串柿」で三種の神器を表しているとも言われる。

御節、雑煮、屠蘇など、正月にいただくものは多様性が有り、日本人の食の原点の一つと言えます。腸内細菌にも優しく、年の初めに心身を健やかに迎えるにはふさわしい食と言えます。

09

御節料理:御節供を略し、節日に神に供える食べものです。正式には四段重で、完全を表す三にもう一つ重ねる意味があります。また、四は春夏秋冬を表しています。一の重には祝い肴のうち三つ肴と口取り、二の重には焼き物、三の重には煮物・酢の物、与の重には酢の物・煮しめを入れます。(四は死を想起させるため「与の重」と呼ぶ。)

08

雑煮:餅を主な具とし、醤油や味噌などで出汁を味付けたつゆをはった料理です。室町時代に書かれた『鈴鹿家記』に初めて「雑煮」という言葉が登場します。正月に餅料理を食する慣習は古代より「歯固」の儀式と結び付き発生しました。

07

屠蘇:一年間の邪気を払い長寿を願って正月に呑む縁起物の酒です。「屠蘇」とは、「蘇」という悪鬼を屠(ほふ)るという説や、悪鬼を屠り魂を蘇生させるという説などがあります。数種の薬草を組み合わせた屠蘇散を赤酒・日本酒・味醂などに浸して作ります。

11_2

春の七草:人日の節句(1月7日)の朝に、七種の野草・野菜が入った粥(七草粥)を食べる風習です。邪気を払い万病を除く占い。お正月に若菜を摘んで食べる「若菜摘み」という風習があり、七草の原点とされています。『延喜式』には餅がゆ(望がゆ)という名称で、「七種粥」は、『土佐日記』・『枕草子』にも登場します。

13

七草粥:七草をすべて合わせると約12種類の薬膳効果があり、ビタミン・ミネラルは約7種類含まれます。なぜこの7つが「春の七草」となっているのかはさだかではありません。ただ、1つ1つにはとても縁起の良い意味が込められています。

14

セリ(芹)セリ科:競り合うように生えていることから、この名がつきました。この名前に「競り勝つ」という意味をかけて、縁起物にされている食材です。

15

ナズナ(薺)アブラナ科:別名はペンペングサ、シャミセングサ、バチグサなどと呼ばれています。ナズナ(薺)は、麦栽培の伝来とともに日本に伝わった史前帰化植物で、「なでて汚れをはらう」とされる縁起物です。

16

オギョウ(御形)キク科:オギョウは、ハハコグサの別名で、史前帰化植物です。庶民は白い植物のハハコグサで母と子のけがれをはらいました。草餅は元々、ハハコグサを餅に搗き合わせていましたが、母と子を搗き潰すのは縁起が悪いとのことで使われなくなりました。

17

ハコベラ(繁縷)ナデシコ科:ハコベラは「波久倍良」として、平安時代の辞書類の『新撰字鏡』や、『本草和名』、『和名類聚抄』などに見られます。「繁栄がはびこる」として、縁起のよい植物とされている。

17_2

ホトケノザ(仏の座)キク科:現在の紫紅色の花を付けるホトケノザではなく、タビラコ(田平子)を指し、食用にするのはコオニタビラコ(小鬼田平子)とされます。春の七草のタビラコはキク科で黄色い花を付けます。まさに名前から縁起物です。

18

スズナ(菘・鈴菜)
アブラナ科:正式名はカブ(蕪)。「神を呼ぶ鈴」として縁起物とされてきました。古代中国やギリシャの史料にも登場し、古くから人々に食されています。

1

スズシロ(蘿蔔・清白)アブラナ科:大根。根は「汚れのない純白さ」を表し、スズシロと呼ばれるようになりました。根の部分に特にジアスターゼが多く含まれ、食物の消化を促進します。

P1170067

午後からは四季の森公園で、冬の植物の様子を観察しました。

今回のテーマは、「寒い冬を植物たちはいかに過ごし春の準備をしているか?」

草では、地面に伏せるように張り付いたロゼッタと呼ばれる体制で冬を越えるものがあります。地面に伏せていれば、風の影響は少なく、地面の温度で寒さをしのげます。大きく葉が広がることで、日の光を沢山受けることも出来ます。

P1170010P1170029

木は葉を落とし、葉で消費されるエネルギーを抑えてエコな体で冬を乗り越えます。葉を落とす前に実を実らせ次の世代の準備をしておきます。

P1170011P1170013

P1170015P1170016

12

枝には、葉芽や花芽を準備し、春にははを茂らせ、花を咲かせる準備が整っています。

P1170063P1170080P1170078P1170060P1170087P1140022

今回は水辺につがいのカワセミの姿を見ることができました。(写真撮影:下尾7期)

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4

冬とはいえ、天気も良く、自然のさまざまな顔を楽しむことが出来ました。(檀野)

2019年1月24日 (木)

H31 TEAMはまとびむし 1月

海岸美化プロジェクト 1月の活動
実施日:2019年 1月 8日(火)
会場:オーシャンファミリー海洋自然体験センター&大浜海岸
テーマ:一色海岸のプラスチックゴミ拾い
参加者:9名
P1080001P1080002_2
2019年第一回目の活動です。
大浜海岸では雪化粧した富士山も出迎えてくれました。

P1080004

そして、今日から、「TEAMはまとびむし」ベストを着用しての活動です!
.
.
.

P1080029

メンバーの篠原さんがデザインしてくださいました。
あの小さいハマトビムシが、こんなに愛嬌のあるキャラクターになりました。(素晴らしい!)
色は皆で相談した結果、「紺色」。
どんな服にも良く合う、素敵なベストが完成しました。

P1080020_2

大浜海岸には、砂浜の中間に砂利の帯ができています。なぜ細かい砂の中間に、大きな砂利が溜まっているのか不思議です。

.

P1080023_2

この砂利の帯に、5mm〜4cmくらいのカラフルなプラスチック片が多数落ちていました。
.
.
.
ゴミの分別で、今回はタバコの吸い殻(フィルター)がありました。今まではほとんど見ていません。どんなことが影響したのでしょう?

P1080028_2P1080027

P1080034

午後は2019年の活動予定について話し合いました。
(記)田中

2019年1月20日 (日)

H31 入門コース 第16回 「気象学入門」

実施日:平成31年1月15日
会場:山手西洋館(山手234番館)
   横浜地方気象台
講師:横浜国立大学 教育学部 准教授 筆保弘徳氏
     横浜地方気象台 嶋貫氏・浅沼氏
参加者:8期生12名 聴講生2名 サポートスタッフ3名
テーマ:気象学入門気象の原理と神奈川の地域特性
今日は、寒い日なので、皆さんは防寒対策が万全なスタイルで参加されています。
234P1150031

Photo

午前中は元町中華街駅最寄りの横浜山手234番館にて、
横浜国立大学 教育学部 准教授筆保弘徳氏をお招きして気象学入門の原理を勉強しました。
.
.
.

Photo_3

まず、風を吹かせる力の原理は、地域の気圧差から始まること。
.
.
.

Photo_4

その地球の大気(空気)は約100~500㎞の高度まであるようですが、境界はあいまいで幅があるようです。最近、宇宙旅行が現実のものとなり、どの高度まで行けば宇宙に行ったことになるかを決める必要が生じ、宇宙の境目を100㎞と決めたようです。

1

少し横道に逸れますが、世界中で長さを統一する際、赤道~北極までを1万Kmと決めて、そこから世界共通の「長さ1m」が決められているとのこと。驚きです!
ですから、地球1周は4万Kmで半径は約6千Km。大気圏の厚さは地球の1.5%ととても薄いものです。

Photo_5

気圧差は、温度差から生じ、陸と海の温度差は通常約10℃くらいになり、海からの風を海風、その反対を陸風といいます。
温度差がなくなれば、風は止み、凪現象がおこります。
とわかりやすく、少々物理学を入れて説明いただきました。
途中活発で、タイムリーな質問があり、先生はそれをわかりやすく解説いただき我々はさらに理解を深めることができました。

Photo_6

先生の専門である台風の話になり、台風の発生メカニズムは、現代でもはっきり解明されていないとは驚きでした。徐々にそのしっぽをつかめるようになってきたとのこと。
普通は、気圧差が風を作るが、台風は風が吹いて気圧を下げるとのことでした。

P1150034

後半気象予報士の資格取得をお勧めになりそのメリットを時間をかけて説明されました。
その気象予報士の資格のメリットとは、
 人との話題に困らない。
 有名でイメージが良い。
 いつも空を見ていて天気予報のことで頭を使うし、頭を上に向いていると心が心理学的にも明るくなる。
の3点らしいです。
Photo_7最後に、最近の横浜地域での気候の特徴の報告がありました。
気温はヒートアイランド現象で1.5℃上昇して降水回数は減少していますが、降水量は変化なしです。
つまり大雨の回数が30%増加しています。

1_2Photo_8

午後から少々移動して横浜地方気象台の建物での勉強になりました。
淺沼氏と嶋貫氏より座学と館内の見学になりました。

Photo_9

この場所では、住民に対し
天気の観測する→予測する→伝える。の仕事をされています。
先ず、天気予報ができるまでの流れを勉強しました。

Photo_10

衛星地上気象観測(ひまわり8・9号)、ラジオゾンデの高層気象観測、積雪計、感雨計、気圧計、照明時間、風向風速計、雨量計、湿度計、目視観測(雲、視程)、気象レーダー観測でデータを集め予報を発信されています。

2

昔はデータが多すぎて、「明日の予報の気象データ処理に明後日迄かかる」という位、笑い話になるような時間がかかったのですが、最近は機械が計算し、さらに昨年新型コンピューター導入で短時間作業に改善されました。今は、データー解析も264時間先まで可能になったそうです。すごい処理技術の進歩です。

Photo_11

最近「政府インターネットテレビ」で、命に係わる警報を図式化表示で分かりやすく伝える情報を公開されています。具体的には、洪水、大雨、暴風、暴雪、高潮、波浪の気象警告です。これらを生活情報として上手に取り入れることで我々の命を守ることにつながります。
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14989.html
最近はスマートフォンでダウンロードして「防災気象情報」を簡単に入手可能になっています。出来るだけこれらを上手に利用するようにしたいものです。
当「横浜地方気象台」は平日10:00~16:00に一般公開されれいます。(解説希望の場合はFAXで予約必要)
(7期 四宮正義)

2019年1月 9日 (水)

H30 入門コース 第15回「里山と文化2」

実施日:平成30年12月18日
会場:川崎市黒川青少年野外活動センター
講師:NPO法人やまぼうし自然学校 丹野雅之氏
参加者:8期生12名 聴講生3名 サポートスタッフ6名
テーマ:自然クラフト体験 しめ飾りを作る

Pc180010

本日は今年最後の講座にふさわしいしめ飾り作りである。人気が高く昨年体験した方も参加されている。
 
午前中は丹野講師による しめ縄の元である稲穂の伝来と神話〈記紀〉から述べられた。

A

稲穂の伝来は朝鮮半島から北九州に伝来され遺跡に残っている。神話は天孫降臨時に三種の神器」と稲穂を二ニギノミコトに携えたされている。

Photo_2

(余談)
講師は三種の神器は当然、勾玉・鏡・剣 であって冷蔵庫ではないとポツンと言われた。いつのことだろう昭和35年代かたしか冷蔵庫、洗濯機、テレビだったと思う。その後 3C(車、クーラー、カラーTV)は新流行語になったので今考えれば時代の隔離がすごい
.
.
 

B

次は藁の生活と文化である。資料を見ると使用したことのある物、見ただけの物もあるが、今では他の製品に置き換わっている。
例;草履→藁からプラスチックへ
  土壁→藁から断熱材へ

C

今でも使われている秋山郷の“ねこつぐら”は人気が高く2年待ちだそうである。
なお、藁製品の体験は、全国の民家を23家移築川崎市「日本民家園」で可能である。
.
.
.
 
午前中最後は、しめ縄作る基本である綯うを体験する。

Pc180011

手順は複数の稲穂を股の下に固定し、稲穂を2分割にし、その1つを右利き用であれば、上から下へ滑らせ、もうひとつの稲穂も順次同様に行う。手は乾燥しているので滑りが悪くなかなか2本の稲穂が萎えない。霧吹きで手、稲穂も頻繁に湿らせていた。また、稲穂を木づちで叩いて稲穂を真っすぐ伸ばす人もいた。
なかなか上手くいかず2本に分割したにも関わらず1本になる方もいた。あちこちから悲鳴(?)や講師方の指導の声が聞こえてくる状況であった。昼からのしめ縄作りを疑問視する人もいた(無理はないと思う)
 

Pc180014

(余談)
しめ縄のなう方向は、上記の手順とは逆であるとのこと。右利きは下から上、左利きは上から下に綯う。ここで綯うと縒るの違いが気になり帰宅後調べた結果は次のとおりである。 言葉の共通意味は何本かの糸状のものや紙を一つにねじり合わせること。
違いは「材料」。「よる」は糸、わら、針金等、「なう」は紙、わら。
 
愈々しめ飾り作成である昼食終了後は気力が充実したように思える。

Pc180036

石川氏も指導に参戦し、補助に近藤さん、石井さんも加わり、講師の丹野氏含め4名となり充実した。
作り方は、紙垂(四手)を折る、しめ縄を編む(円形まで)、飾りつけをする。

Pc180044

先ずは、紙垂つくりからである。2つの山折り半紙と型紙の山折りを
一致させ切断箇所にそって切断し
半紙を折れば完成である。
.
.
.

Pc180022Pc180023Pc180018_2Pc180029

いよいよしめ縄つくりである。1人で作成するものと思ってが、2人1組で 1人が稲穂の根本を固定するために手で持つ 他方は編む人で稲穂を3等分にし、分割した2束を各々右に編む。穂先まで編むと左側に編んでいく、残の1束も同様に行い3束のしめ縄ができる。午前中の悪戦苦闘はなんだったろうか?非常に簡単である。過去のノウハウの集大成か?
次は、しめ縄の円形づくりである。根本(東)を下に置く、穂先(西)を根本の左上にする。太陽が東から西へ移動するイメージである。

Pc180047

水引の飾りものし袋のように紅白の八の字にしても面白いと提案があった、何人か試行した方が見受けられた。
.
.
.
.
.

Pc180058Pc180060Pc180054Pc180063

Pc180064

最後は飾りつけである。飾り物はトレーに入れバイキング形式で各人が好きな飾り物を選んでいく、今年は飾り付けはブーケスタイルに変更され事前に自分好みのデザインが出来上がりしめ縄に取り付けることができるようになった。昨年とは雲泥の差であった。飾り付けが終わると水引の長さの調整及び不要な穂先の切断を終えると完成である。
 

Pc180078

しめ飾りを手に持ち記念撮影である。
作成前と比べると笑顔がに満ち溢れていた。
しめ飾りは、一夜飾りはだめであるため30日に飾るのがよいとのこと。
.
.
これで今年の講座は終了である。今までの講座運営、講師の方々の努力に頭の下がる思いである。
来年も宜しくお願いいたします。(岡村)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ