« H30 入門コース 第15回「里山と文化2」 | トップページ | H31 TEAMはまとびむし 1月 »

2019年1月20日 (日)

H31 入門コース 第16回 「気象学入門」

実施日:平成31年1月15日
会場:山手西洋館(山手234番館)
   横浜地方気象台
講師:横浜国立大学 教育学部 准教授 筆保弘徳氏
     横浜地方気象台 嶋貫氏・浅沼氏
参加者:8期生12名 聴講生2名 サポートスタッフ3名
テーマ:気象学入門気象の原理と神奈川の地域特性
今日は、寒い日なので、皆さんは防寒対策が万全なスタイルで参加されています。
234P1150031

Photo

午前中は元町中華街駅最寄りの横浜山手234番館にて、
横浜国立大学 教育学部 准教授筆保弘徳氏をお招きして気象学入門の原理を勉強しました。
.
.
.

Photo_3

まず、風を吹かせる力の原理は、地域の気圧差から始まること。
.
.
.

Photo_4

その地球の大気(空気)は約100~500㎞の高度まであるようですが、境界はあいまいで幅があるようです。最近、宇宙旅行が現実のものとなり、どの高度まで行けば宇宙に行ったことになるかを決める必要が生じ、宇宙の境目を100㎞と決めたようです。

1

少し横道に逸れますが、世界中で長さを統一する際、赤道~北極までを1万Kmと決めて、そこから世界共通の「長さ1m」が決められているとのこと。驚きです!
ですから、地球1周は4万Kmで半径は約6千Km。大気圏の厚さは地球の1.5%ととても薄いものです。

Photo_5

気圧差は、温度差から生じ、陸と海の温度差は通常約10℃くらいになり、海からの風を海風、その反対を陸風といいます。
温度差がなくなれば、風は止み、凪現象がおこります。
とわかりやすく、少々物理学を入れて説明いただきました。
途中活発で、タイムリーな質問があり、先生はそれをわかりやすく解説いただき我々はさらに理解を深めることができました。

Photo_6

先生の専門である台風の話になり、台風の発生メカニズムは、現代でもはっきり解明されていないとは驚きでした。徐々にそのしっぽをつかめるようになってきたとのこと。
普通は、気圧差が風を作るが、台風は風が吹いて気圧を下げるとのことでした。

P1150034

後半気象予報士の資格取得をお勧めになりそのメリットを時間をかけて説明されました。
その気象予報士の資格のメリットとは、
 人との話題に困らない。
 有名でイメージが良い。
 いつも空を見ていて天気予報のことで頭を使うし、頭を上に向いていると心が心理学的にも明るくなる。
の3点らしいです。
Photo_7最後に、最近の横浜地域での気候の特徴の報告がありました。
気温はヒートアイランド現象で1.5℃上昇して降水回数は減少していますが、降水量は変化なしです。
つまり大雨の回数が30%増加しています。

1_2Photo_8

午後から少々移動して横浜地方気象台の建物での勉強になりました。
淺沼氏と嶋貫氏より座学と館内の見学になりました。

Photo_9

この場所では、住民に対し
天気の観測する→予測する→伝える。の仕事をされています。
先ず、天気予報ができるまでの流れを勉強しました。

Photo_10

衛星地上気象観測(ひまわり8・9号)、ラジオゾンデの高層気象観測、積雪計、感雨計、気圧計、照明時間、風向風速計、雨量計、湿度計、目視観測(雲、視程)、気象レーダー観測でデータを集め予報を発信されています。

2

昔はデータが多すぎて、「明日の予報の気象データ処理に明後日迄かかる」という位、笑い話になるような時間がかかったのですが、最近は機械が計算し、さらに昨年新型コンピューター導入で短時間作業に改善されました。今は、データー解析も264時間先まで可能になったそうです。すごい処理技術の進歩です。

Photo_11

最近「政府インターネットテレビ」で、命に係わる警報を図式化表示で分かりやすく伝える情報を公開されています。具体的には、洪水、大雨、暴風、暴雪、高潮、波浪の気象警告です。これらを生活情報として上手に取り入れることで我々の命を守ることにつながります。
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14989.html
最近はスマートフォンでダウンロードして「防災気象情報」を簡単に入手可能になっています。出来るだけこれらを上手に利用するようにしたいものです。
当「横浜地方気象台」は平日10:00~16:00に一般公開されれいます。(解説希望の場合はFAXで予約必要)
(7期 四宮正義)

« H30 入門コース 第15回「里山と文化2」 | トップページ | H31 TEAMはまとびむし 1月 »

a.自然派ビギナー講座/入門コース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H31 入門コース 第16回 「気象学入門」:

« H30 入門コース 第15回「里山と文化2」 | トップページ | H31 TEAMはまとびむし 1月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ