« H30 TEAMはまとびむし 12月 | トップページ | H30 入門コース 第15回「里山と文化2」 »

2018年12月13日 (木)

H30 専科コース 第8回「食と健康を考える」

H30 専科コース 第8回「食と健康を考える」

 

実施日:平成30123

会場:都筑中央公園

講師:全国森林インストラクター協会神奈川会 小池一臣氏 久野正樹氏

テーマ:食と健康を考える~見直そう 日本の伝統的食文化~

参加者:18 サポート2

Dsc_1143


神奈川県横浜市都筑区にある横浜市立の都市公園である都筑中央公園にて「食と健康についての講義と自然観察会」を行いました。

都筑中央公園のある港北ニュータウンは「緑の環境を最大限に保存するまちづくり」を目指し、山や斜面・谷など、もとあった土地の特性を活かし、地形の特性にあった多様な自然環境を残した地域です。

講師の小池先生は、55歳という年齢でアトピーを発症し、9年間の通院治療を余儀なくされました。その後、行き着いたのが「適度な運動・規則的な生活・生活管理」だったのです。

今回は「食生活」を中心に、日本の食の現状や日本人の体質にあった具体的な献立などを詳しく教えて頂きました。

現在の日本は、農薬と添加物に溢れており、食品ロスは1/3で世界トップクラス、農薬は世界3位という驚愕の事実を知りました。

さらに驚くことに、アジア圏や欧米、北欧などの中で農薬散布量は中国が一位、次いで二位が日本表中の9カ国では最も農薬が少なかったのはアメリカ。

戦後の日本の食生活は欧米化し、穀物からパン食へ、野菜や魚から加工食品へと変わっていきました。

また、カルシウムが多く含まれていると認知されている牛乳は現在の学校給食文化にも根強く残っていますね。

「大人になっても、乳を飲んでいるのは人間だけ!という先生の言葉が衝撃的だった」という講義に参加された方の感想に他の受講者の方も深く頷く姿がありました。

日本には、カルシウムや乳酸菌を含む食品は牛乳以外もたくさんあり、桜えび、しらす干し、油揚げ、大根の葉などのカルシウム量の豊富さを数値で確認することができました。

また食は欧米化が進んでいますが、根本的な体質が変わることはなく「日本人はわかめなどの海藻を分解する酵素を持っている人種であること、日本人の腸内フローラには良質な食物繊維を含む穀物が有効」ということも初めて知りました。

今回の講義では“大量生産・コスト削減、多様な加工食品が溢れる便利な生活と農薬や添加物の増加は表裏一体であること”を深く考えさせられる時間となりました。

便利な生活を切り離すということなかなか難しいことだと思いますが、このような生活のメリット・デメリットを正しく認識し、できる範囲で自分の生活を楽しみながら管理することが大切だということを学びました。

Dsc_1099_2

Dsc_1100_2

Dsc_1102_2

Dsc_1104_2

Dsc_1107_2


昼食後、港北ニュータウンの歴史に触れた後、いざ中央公園にて自然散策です。

公園内は、緑の環境を積極的に保存するため、樹林地一部に人が入れないようにしたり、意図的に草刈りをし過ぎない区画を作ったりなどの工夫で生物(様々な植物、動物、昆虫、鳥)優先の空間が設けられています。

12月の公園内は秋の紅葉も落ち着き、初冬の静けさが感じられます。植物たちは冬支度をしており、空からは色とりどりの葉が舞い落ちてきます。

さまざまな葉の中に、とりわけ目を引く“くるくる回りながら落ちてくる葉”…それは、ケヤキの葉でした。よく見ると、その葉には小さな実(種)が付いています。

ケヤキは植物が食べたいと思うような果肉などはない代わりに、風に運ばれ遠くへ飛ぶ羽の役割(翼果)を身につけたのですね。

写真には載っていませんが、イヌシデの葉と種は天使の羽のようで可愛らしかったです。

植物の種散布方法は、多種多様で知れば知るほど奥深いものだと感じました。

Dsc_1119

Dsc_1127

Dsc_1131

Dsc_1133

Dsc_1136

Dsc_1138

Dsc_1140

Dsc_1142

Dsc_1149

Dsc_1159

ふと寒々しい木々に目をやると…かわいい蓑虫が(ピントがボケてしまったのが残念!)

「最近、蓑虫って見てなかった気がするなぁ」「確かにそうだねぇ」と心和む会話をし、本日の講義を終えました。

Dsc_1171


(事務局)

« H30 TEAMはまとびむし 12月 | トップページ | H30 入門コース 第15回「里山と文化2」 »

c.ステップアップ講座/研究科/専科コース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H30 専科コース 第8回「食と健康を考える」:

« H30 TEAMはまとびむし 12月 | トップページ | H30 入門コース 第15回「里山と文化2」 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ