« H30 流域プロジェクト 第3回(通算第10回) 小網代の森 | トップページ | H30 専科コース 第7回「震生湖誕生の歴史と周辺地域の自然を探る」 »

2018年12月 3日 (月)

H30 入門コース 第14回「紅葉の仕組みと植物の生存戦略」

実施日:平成30年11月27日
会場:大和市 泉の森公園
講師:全国森林インストラクター協会神奈川会 久野正樹氏
参加者:8期生11名 聴講生1名 サポートスタッフ2名

Spb270004Spb270010

午前中は泉の森公園内「シラカシの家」多目的ホールで、植物の生存戦略と紅葉の仕組みについて久野先生からパワーポイントを使っての解説を受けました。
●植物の生存戦略

S4Spb270011

まず、紹介されたのがユーカリ。ユーカリの樹皮は非常に燃えやすく、火が付くと幹からはがれ木を守り、葉が焼け落ちることで、成長を抑制する物質がなくなり、つぼみは発芽します。更に種子は火にあぶられ殻が割れ一斉に発芽します。ユーカリは山火事を誘発し地域を独占する戦略を持っています。植物には驚くような生存戦略を持つものがいるものです。
●植物に必要な要素は、太陽の光 空気 水 の3要素

S11

太陽の光:植物は太陽の光を使って光合成を行う生産者です。デンプンや糖分(有機物)を作ることができるのは植物だけです。植物は葉の葉緑体で光合成を行うので、葉には太陽の光が沢山当たらなければ光合成はできません。植物が作った有機物のお陰で動物が生きていけます。

S14

空気:光合成には、空気中のCO2が欠かせません。CO2は葉の気孔から取り込みます。太陽の光がない夜は、植物も呼吸しています。この時は酸素を気孔から取り込んでいます。

S15

水:水を運ぶのは導管、光合成で作られた糖分を運ぶのは師管です。水や糖分だけでなく、成長を促進したり抑制するホルモンも運ばれます。地面の水を木の上まで上げる仕組みは、根の根圧 細胞の吸水力(浸透圧) 水の凝集力 気孔の蒸散が繋がって上げています。
●環境適応戦略

S21

ヤツデ;枝を伸ばし大きな葉を茂らせ、太陽光を受けると共に影を落とし他の植物の邪魔をします。
アセビ;全草に毒があり、昆虫や動物の食害から自身を守ります。
サクラ;葉に蜜腺を持ちアリを呼び寄せ、昆虫の食害から自身を守ります。
セイヨウタンポポ;単為生殖 受粉の必要がないので昆虫のいない都会でも種子を作り分布を拡大できます。
●植物の冬越し作戦

S47

植物は、寒く乾燥する冬を越すために様々な工夫を凝らしています。
葉を落として、幹と枝のみで冬眠するように冬をやり過ごす落葉樹。葉を落とすときになぜ葉が紅葉するのでしょう?

Sksns1811ppt落葉樹は離層を作り葉を落とします。秋の短い日照時間と気温の低下を木が感じ、成長を抑え休眠を誘う植物ホルモンの生産を葉で始めます。落葉樹は葉を落とし、生命活動を最低限まで落として休眠に入ります。

Saka

秋になって気温が下がると糖分や水分の供給をストップします。そうすると、葉緑素が壊れてしまい、今まで見えなかったカロチノイドという黄色い色素が浮き出て見え、これがイチョウなどの黄葉です。

Skiiro

また、葉に残った糖分によってアントシアニンという赤い色素ができると、赤い色が目立ってきてカエデなどの紅葉になります。
.
.

S76

カエデの語源は、葉の形がカエルの手にいていることに由来しています。日本には29種ものカエデがあります。
モミジの語源は、葉が赤・黄に色付く事を表す「紅葉つ・黄葉つ(もみつ)」に由来します。
.
◆午後はフィールド観察です。

Spb270020Spb270031Spb270071Spb270061Spb270078Spb270083

紅葉は正に見頃、水源地の向こうまで足を延ばし紅葉を楽しみました。

Spb270001Spb270016Spb270022Spb270024Spb270029Spb270027

実りの秋、種子も沢山なっていました。風で飛ばす物、鳥に運んでもらう物、植物の生き残り戦略が垣間見えます。

Spb270076Spb270077

大きなクヌギが、夏の台風の影響で倒れていました。片づけはしっかり終わっていました。上を見上げると、葉の間から青空が開いています。地面に日が当たるようになり、新しい芽がでることでることでしょう。

Spb270081_2

池には、カモがやって来ていました。

写真には取れませんでしたが、カワセミの姿も見えました。

天気も良く、紅葉の1日を学びと観察で楽しみました。(檀野)

« H30 流域プロジェクト 第3回(通算第10回) 小網代の森 | トップページ | H30 専科コース 第7回「震生湖誕生の歴史と周辺地域の自然を探る」 »

a.自然派ビギナー講座/入門コース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1676560/74707116

この記事へのトラックバック一覧です: H30 入門コース 第14回「紅葉の仕組みと植物の生存戦略」:

« H30 流域プロジェクト 第3回(通算第10回) 小網代の森 | トップページ | H30 専科コース 第7回「震生湖誕生の歴史と周辺地域の自然を探る」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ