« H30 入門コース 第13回 「森林保全入門」 | トップページ | H30 流域プロジェクト 第3回(通算第10回) 小網代の森 »

2018年11月19日 (月)

H30 公開講座「深まる秋の神武寺と大パノラマの鷹取山ハイキング」

実施日:平成30年11月19日

会場:横浜市戸塚区俣野地区
講師:森林インストラクター(神奈川シニア自然大学校修了生)
     久野正樹氏
参加者:15名 サポートスタッフ6名

Sdscf5781ヨモギの虫たま。とってもめずらしいそうです。

神武寺は奈良時代(724年)に作られ、四百年以上風雪に耐えてきた貴重な価値をもつ建造物です。豊かな自然に囲まれ、神奈川の景勝50勝にも選ばれています。

東逗子駅を出発し、道中の自然観察を行いながら神武寺を目指します。
Sdscf5714Sdscf5718

道中はシダ植物が多く生息しており、他にもお正月飾りなどで使われる「アリドオシ」などを観察しました。
Sdscf5719Sdscf5733Sdscf5726Sdscf5727

Sdscf5743Spb090008

神武寺手前の山門ややぐら群と呼ばれる一帯です。
「アカガシ」やお地蔵様、薬師堂をお参りしました。
薬師堂ではおやつに鎌倉の「半月」をいただきました。
Spb090036Sdscf5745Spb090051Sdscf5746


神武寺を堪能した後は、鷹取山へ向け出発です。
山に入っていくにつれ、植生も変わり、岩尾根などの道を歩いていきます。
Sdscf5756_2Sdscf5753Sdscf5776

道中、9月の台風の影響で剥がれた地面がありました。
めったに見られないものではありますが、同時に自然の怖さを改めて感じます。
Sdscf5760Sdscf5758


細い道を抜けて、山頂へ。
目の前には鷹取山の絶景が広がっていました。
昔の石切り場近くの公園で、昼食をいただきました。
Sdscf5761Sdscf5762Sdscf5765


午後は岩石に掘られた弥勒菩薩の磨崖仏(1960年彫刻家藤島氏制作)を目指すところからスタートしました。
像高約8m、像幅約4mもあり、迫力があります。
他にも細い切通しや地層など、植物以外の自然も見応えがあります。
Sdscf5766Sdscf5772Sdscf5773Sdscf5780


下山後は追浜駅に向かいながら、近郊植物を観察しました。
「カラスザンショウ」の香り豊かな黒い実や野菊など。
Sdscf5784_3Sdscf5782_3Sdscf5787Spb090006


今回は素晴らしい秋晴れの中、美しい秋の自然とハイキングを楽しみました。
少し肌寒い気温は歩くには気持ち良く、紅葉も途中だったのでまだまだ秋を楽しめそうです。
ご参加ありがとうございました。
(小川)

« H30 入門コース 第13回 「森林保全入門」 | トップページ | H30 流域プロジェクト 第3回(通算第10回) 小網代の森 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1676560/74628123

この記事へのトラックバック一覧です: H30 公開講座「深まる秋の神武寺と大パノラマの鷹取山ハイキング」:

« H30 入門コース 第13回 「森林保全入門」 | トップページ | H30 流域プロジェクト 第3回(通算第10回) 小網代の森 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ