« H30 入門コース 第11回 「森海里連環学」 | トップページ | H30 入門コース 第12回「自然の恵みでアウトドアクッキング」 »

2018年10月24日 (水)

H30 公開講座 「戸塚俣野自然観察会」

実施日:平成30年10月19日

会場:横浜市戸塚区俣野地区
講師:森林インストラクター(神奈川シニア自然大学校修了生)
    久野正樹氏 大橋泰雄氏
参加者:15名 サポートスタッフ3名
Pa120062

 

旧東海道宿場の戸塚宿―藤沢宿の西斜面にある、横浜市戸塚区の俣野地区を巡りました。境川沿いに鎌倉街道が通り、昔から開拓された農業地域です。宇田川沿いの寺社には、横浜市指定の名木古木が多く、流域には市民の森などの林地が広がります。見晴らしのよい丘陵地の公園から、里地を抜けると、瀟洒な庭園のある俣野別邸があります。昼食は横浜名物崎陽軒のシウマイ弁当をいただきます。

Photo

鎌倉権五郎景政:平安時代後期の武将で、相模国鎌倉群を領して鎌倉氏を称しました。源氏が関東で基盤を固める以前の平安後期に、鎌倉一帯を支配していたのが鎌倉氏でした。製鉄技術によって発展した武士団といわれています。鎌倉時代に活躍した大庭、俣野、梶原の各氏は景政の子孫で、いずれも地名にその名を残しています。強烈な個性と超人ぶりは、歌舞伎十八番のひとつ「暫(しばらく)」の主人公としても親しまれています。

Pa190001_2Pa190007

五霊神社:鎌倉権五郎景政など五柱を祭神として祭ります。境内には、モミ・スダジイの古木があります。

Pa190012Pa190013

宝寿院:境内にはシダレヤナギ・イチョウの古木があります。イチョウの葉の半分は枯れています。これは台風24号で海風が吹きぬけた為の塩害です。今回、このような塩害や大木の倒木が見られました。

Pa190042Pa190049Pa190036Pa190034_2

まさかりが淵:宇田川沿いの心地よい樹林道。滝には、まさかりを落とした男の伝説が伝わります。サクラに花が咲き、新芽が出ていました。これも、塩害の影響と思われます。

Pa190056_2

専念寺:鎌倉権五郎景政が心を込めて祈ったところ、合戦で受けた目の傷が癒えたという伝説のある「深谷目薬師」と呼ばれる薬師如来があります。

Pa190061Pa190067Pa190065_2Pa190066_2

三嶋神社:文治(1185〜1190)年間に梶原景時が創建したといわれています。景時の祖である鎌倉権五郎景政を祭神としています。境内には、モミ・ヒノキ・スダジイの古木があります。

Pa190080Pa190081Pa190084Pa190082

福泉寺:鎌倉街道・宇田川沿いの寺社は歴史が深く名木古木が多いです。サルスベリ・タイサンボク・イトヒバ・モチノキ・シラカシ

Pa190123Pa190126Pa190108Pa190109

俣野の里地・里地:丘陵地に横浜野菜の畑が続き、視界も開けのんびり出来ます。雑木林も懐かしく、横浜市内にまだこんなところが残っているのだなあと安らぎます。

Pa120078Pa120079

俣野別邸庭園:旧住友財閥の当主住友家が昭和14年に別荘として建築しました。建築は昭和初期のモダニズムの流れをくむハーフテインバースタイルを基調とした和洋折衷です。邸宅の周囲は、クスノキ・ケヤキなどの大樹に囲まれ静かな風情です。2階からは天気が良ければ富士山などが望めます。下の広い庭園には四季折々の草花が咲きほこります。

Pa190041Pa190075_2
Pa190020Pa190077
季節柄、実りの秋を感じながらの散策でした。(檀野)


 

« H30 入門コース 第11回 「森海里連環学」 | トップページ | H30 入門コース 第12回「自然の恵みでアウトドアクッキング」 »

b.公開講座」カテゴリの記事

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ