« H30 入門コース第8回 「海の生き物観察」 | トップページ | H30 入門コース 夏の研修旅行 2日目 »

2018年7月26日 (木)

H30 専科コース 第4回「草木染体験」

実施日:平成30年7月19日
会場:黒川青少年野外活動センター
講師:森遊倶楽部/森林インストラクター 四反田 有弘氏
テーマ:採取植物で草木染体験
参加者: 11名 サポートスタッフ1名

P7190004

前回 5/17染料植物観察に引き続き、四反田講師による草木染めの講座です。
今回はストールとトートバックを染めます。
Dsc02583Dsc02586

古代の染料の多くは漢方の生薬であり、内服して効果のあるものが染料として残ったとも言えます。産着は昔から、藍染の青色、鬱金や黄檗の黄色、紅花染の赤でした。それらは皮膚に優しく、虫除けにもなっていました。まさに「草木染は着る漢方薬」と云えます。

Photo_2Photo_3

今回の染材は、黄花コスモスと白樺です。

Dsc02585P7190018_2

染材を刻んで、袋に詰め

P7190023P7190030

鍋で煮詰めて、染液を作ります。

P7190050

①浸染:染液に布を浸し染めます。

 この時染液の温度は、50~60℃。
 熱さを我慢しながらの手作業!
 


Dsc02593

 

②媒染:媒染材(今回はアルカリ媒染)に浸けます。
 媒染の働きは
 1.染料を定着させる。(濃く染まる)
 2.色を落ち難くさせる
 3.発色し色を出す。
 鮮やかで濃い色に変わりました。:染材(今回はアルカリ媒染)に浸けます。

 



P7190054

 

③水洗:染液と媒染液を水洗いします。

 ストールがきれいに染まりました。


P7190055Dsc02601

◎トートバックには、絞りで模様を入れました。

P7190040

・ビー玉を包んだり
・糸で縛ったり
・板で挟んだり

P7190057

浸染や媒染の時には、染めたい所が染まるように、棒で広げて染料を浸み込ませます。熱い染液の中で丁寧な作業が要求されます。

鉄媒染も使って、2色染めにも挑戦しました。



P7190064P7190069_2P7190065P7190078

個性豊かな、素晴らしい作品ができあがりました。

皆さん、大満足の講座でした。(檀野)

P7190076

 

« H30 入門コース第8回 「海の生き物観察」 | トップページ | H30 入門コース 夏の研修旅行 2日目 »

c.ステップアップ講座/研究科/専科コース」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ