« H30 流域プロジェクト 第8回 座間湧水 | トップページ | H30 入門コース 第6回 「自然体験活動時の安全管理」 »

2018年6月27日 (水)

H30 専科コース 第3回「ハナショウブ・カキツバタ・アヤメ」

実施日:平成30年6月21日

会場:大船フラワーセンター
講師:全国森林インストラクター神奈川会 菅原啓之氏 久野正樹氏
テーマ:ハナショウブ・カキツバタ・アヤメの見分け方、分類を知る
参加者:14名 サポートスタッフ1名

P6210001今回の集合は大船!

P6210003P6210007

明治31年創業 あじ寿司弁当の「大船軒」・鎌倉時代の「首塚」などを見学しつつ「大船フラワーセンター」へ

P6210064P6210065

午前中は菅原先生のハナショウブのお話しです。

AP6210009

万葉時代には、ショウブをアヤメグサと呼び、アヤメはハナアヤメと呼ばれていました。漢名の菖蒲はセキショウを指していてました。花菖蒲をショウブやアヤメと呼ぶ場合もあり、混乱しています。

215

花菖蒲・アヤメ・カキツバタの見分け方は

開花期:アヤメ 5月上旬・カキツバタ 5月中旬・花菖蒲 5月末

花弁の基部の模様:アヤメ 網目模様・カキツバタ 黄白地V字模様・花菖蒲 鮮黄地V字模様

葉の形:アヤメ 細く葉脈無し・カキツバタ 広く葉脈無し・花菖蒲 葉脈あり

910

世界に200~250種あると言われるイリス属植物は世界的にはアイリスと呼ばれ、日本では「アヤメ属」と呼ばれ 6種2変種、海外からの渡来のシャガ、イチハツ、キショウブがあります。

76

ギリシャ神話では、天界と地上を結ぶ虹を神格化し、その女神にイリス(英読みアイリス)という名前を与えました。絵画にも意味を持たせて描かれています。

日本では、カキツバタを伊勢物語の中で在原業平が和歌に詠い、尾形光琳は屏風絵に描いています。

1417

ハナショウブは江戸時代に武士のたしなみとして、品種改良が進みました。

江戸系は、池のほとりや畦道に植え、群生している美しさを楽しみました。

1819

肥後系・伊勢系 江戸の花菖蒲が熊本や伊勢に伝わり、鉢に植え室内で鑑賞するために品種改良されてた歴史があります。

午後からは、大船フラワーセンターで観察です。

P6210017P6210027

大船フラワーセンターでは、前身の農業試験場 大正時代にハナショウブの品種改良を行い大船系300品種を育成しました。今年は花が早く残念なことに花はほとんど終わっていました。

P6210036P6210037

品種改良が豊富なバラ園

P6210051P6210048

温室で世界のスイレンや熱帯の植物を観察

P6210052P6210054P6210057P6210055

P6210062P6210061

最後に入り口広場で、ハスとスイレンを鑑賞し終了となりました。(檀野)

« H30 流域プロジェクト 第8回 座間湧水 | トップページ | H30 入門コース 第6回 「自然体験活動時の安全管理」 »

c.ステップアップ講座/研究科/専科コース」カテゴリの記事

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ