« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月18日 (金)

H30 専科コース 第2回「染料植物観察」

実施日:平成30年5月17日(木)
会場:川崎市黒川青少年野外活動センター
講師:森遊倶楽部/森林インストラクター 四反田 有弘氏
テーマ:万葉のよこやまの道で染料植物観察
参加者:15名 サポートスタッフ2名

今日のテーマは染料植物。午前中は座学、午後はセンターから「よこやまの道」を通り、はるひ野駅まで歩き、染料植物を探しました。

Dsc00026Dsc00104

座学のテーマは、「色の始まりと草木染め・日本の伝統色」。
P5180004Dsc00024

万葉時代には、もうすでに多様な色を認識し、植物や風景の名前をそのまま色の名にしていました。例えば、茜色(あかね)や紫紺(しこん)、若竹色などです。

また、聖徳太子が「冠位十二階」を定め、冠位に色を定めました。冠位と色彩の繋がりが強くなり、身分は色彩により区別されるようになり、貴族階級は色彩美を意識し美意識が完成されていくことになります。

布は水にさらし白くすることから始まり、草木を使って染め、染を重ねたり、媒染を使う等工夫を凝らして多様な色を生み出しました。

P5170005P5170006

外に出ました。まずは、どんぐり山から。ここにも染料に適した植物が数多く見られました。色々なものを見つけながら進みます。

 P5170010P5170012

次は汁守神社です。大木があったり、見事な椿があったり、神秘的な場所にも染料植物が見られます。

 Dsc00054Dsc00061P5170026P5170027_2

次は、「谷戸」と呼ばれる丘陵に挟まれた、くぼみの道を進みます。ここではいくつかの染料植物と、畑の作物を観察しました。

P5170038Dsc00077P5170021_2Dsc00074

谷戸から山の中を尾根に向かい、「よこやまの道」に出ました。「よこやまの道」は古代より武蔵野と相模野を眺められる高台にあり、西国と東国を結ぶ要衝として活用されていました。「万葉集にも詠われた防人の道」でもあり、万葉の色を思いながらの散策です。

Dsc00106P5170055P5170057_2P5170060
前は住宅街、後ろは山。なんだか不思議な感覚でした。

 P5170058P5170052
峠を下り、はるひ野駅へと到着。時間にして二時間ちょっとでしたが、あっという間に感じました。ただ、とても暑い一日でした。

Dsc00113Dsc00118

皆さん、お疲れ様でした。(檀野)

2018年5月 9日 (水)

H30 入門コース3回目 「植物入門 春の草花観察」

実施日:平成3058日(火)

会場:県立四季の森公園

講師:NPO法人全国森林インストラクター神奈川会 菅原 啓之

テーマ:植物入門講座(1) 春の草花の観察

参加者:8期生12名 聴講生4名 サポートスタッフ3名

 AB

 午前中は、室内で、「春の草花」(なぜ植物は花を咲かせるのか)の座学を行った。

配布資料と、パワーポイントの投影を合わせ、解説いただいた。

内容ポイントは以下である。

 

 CD

何のために花を咲かせるのか=遺伝子を後世に残す

花と人との関わり=人だけが花を愛でる

自然の中には無駄がない(木や森の役割・森林とは)=生態系は植物(生産者)・動物(消費者)・微生物(分解者)が相互関連して成り立っている

春の草花=暑い夏を種子で乗り切るため春に花を咲かせる植物は多い

花はどうやってできたのか=葉が進化した

花の進化=有性生殖

植物は季節の訪れを前もって知っているか=日の長さを感じる

花の構造 受粉・受精=花の造り

   

EF

植物は、なぜ季節や時刻を決めて花を咲かせるのか

蕾を造る=葉で感じる、蕾が開く仕組み

ちょうちょの歌は、なぜ菜の花でなく菜の葉なのか=卵を産む

花の色割合は=白33%・黄30%・青23%・赤10%

花の形=媒介者によって変わる(風・チョウ・ハチ・アリ・・)

植物の神秘生活=意思はあるのか

バラについて=原種と栽培種

最後に=植物から生きる知恵を学んでほしい

 

午後は、公園内の野外観察に出かけた。

あいにくの曇り空であったが、終了時に雨がぱらつく程度で、充実した観察が行えた。

   

 GH

公園の北門では、カツラ・ケヤキ・アキニレ・ツツジなどを観察。

雌雄異株(雄の木と雌の木)、花の咲き方、花粉の媒介者などを学ぶ。

合わせて、各植物の名称の由来、人間生活との関わり、海外での扱い、歴史文化とのかかわりなど、幅広いお話をいただいた。

以下は、観察のポイントである。

池から木道を通り、ドクダミ・キショウブ・ヤマグワの実・セリバヒエンソウ・ナノハナ。

 I_2J

ヨシ原の脇道では、ガマズミ・ホウノキの花・ハハコグサ・シロツメクサ・スイレン。

KL

道の斜面では、ナルコユリ・エゴノキの花・ノアザミ。

MN

ヨシ原を戻りながら、ヒメグルミ・シナサワグルミ・マユミ・ヤマボウシ・キブシ。

OP

水車小屋を回って、ショウブ田、サンシュユ、ハナイカダ、フタリシズカ、ヤマザクラ、ゼンマイ。

QR

池を横断する鯉のぼりを眺めながら、2時間の野外観察を終了した。

P5080080P5080099

多くの、樹木の花、春の草花を観察し、午前中の座学内容も、現物を観察しながら復習できた。久野

 

 

2018年5月 5日 (土)

H30 TEAM はまとびむし 5月

海岸美化プロジェクト 5月の活動

実施日:平成30年5月1日

会場:オーシャンファミリー海洋自然体験センター&大浜海岸

講師:NPO 湘南クリーンエイド・フォーラム 代表 五十嵐 実 氏

テーマ:ゴミ調査の意義と方法

参加者:9名

文字どおり五月晴れの51日、4月に立ち上げたばかりの「チームはまとびむし」のメンバー9名は葉山公園の海岸の清掃活動をしました。

P5010002P5010001

当日は、ご自身が代表を務める「NPO湘南クリーンエイドフォーラム」の五十嵐さんにお出で頂きました。

P5010005P5010006

26年もの長きにわたって、活動している荒川のお話し。世界規模でゴミ問題に関わって来られた活動の方法の意義や効果、そして調査方法を教えて頂きました。

P5010007P5010008P5010013P5010012

2050年には海の魚の数よりもプラスチックゴミの量が上回ると言われているそうです。一人一人が意識を持ってゴミの問題を考えることが大事と感じます。

P5010021_2

一人の百歩より百人の一歩、多くの方々の参加を歓迎します!(林田)

P5010016P5010018P5010033P5010034

浜には、海岸特有のハマヒルガオやハマダイコンが咲いていて

P5010020漁師のおじさんは、軽トラックいっぱいに、ヒジキを収穫していました。春の葉山を感じました。

2018年5月 3日 (木)

h30 入門コース 第2回 「野外活動入門 サバイバルに活かせるアウトドア技術」

実施日:平成30424日(火)

会場:川崎市黒川青少年野外活動センター

講師:黒川青少年野外活動センター 所長 野口  

テーマ:野外活動入門 サバイバルに活かせるアウトドア技術

参加者:8期生13名 サポートスタッフ3名

 

午前中は、ドラム缶ピザ体験。

粉から捏ねて、伸ばしてピザ生地の出来上がり。

P4240079P4240084

上に乗せる材料も切りそろえて、トッピング。

 P1010941P1010951

ドラム缶のほうは、メタルマッチで着火、薪をくべてピザ焼。

P4240091P1010949

おいしそうに焼けました。みんな満足そうにほおばっています。

Dsc08414Dsc08417

食後は、野口所長自慢の生豆から焙煎したてのコーヒーをいただきました。

 

午後は、ロープワーク。

基本の「本結び」「巻き結び」「自在結び」を習いました。

P4240103P1010966

若干苦労しながら、いっぺんではなかなか覚えきれない様子。

その後は、タープ立て。

屋内で簡単な練習のあと、野外での実践。

今年は本格的に、翌日の雨に備えて大きなブルーシートの3枚連続掛け。

まずは、大きな桜の木にロープをかけて、竹を支柱にしてロープを張り、ブルーシートをかける。

P1010971P1010974

支柱やロープとの固定は、「巻き結び」。

ブルーシートが立ち上がったら、4隅をペグで固定「自在結び」。

P4240107P1010977

大きなタープの出来上がり。

Dsc08426P4240109

参加者は、本格的なタープ立てにやり切った感も見られました。(西尾)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ