« 海辺の野鳥観察 | トップページ | H29入門コース、第21回 植物入門(4) 木の仕組み、森の役割 »

2018年2月16日 (金)

H29年度入門コース 第20回「野鳥観察入門」 

実施日 : 平成30年2月13日(火)
会 場  : 境川遊水地公園
講 師  : 日本野鳥の会主席研究員 安西 英明氏
テーマ  : 「野鳥観察入門」~身近な野鳥の不思議な世界~

神奈川県立境川遊水公園は横浜市戸塚区、泉区、藤沢市の境にある
公園で境川下流の洪水被害を軽減させるため遊水地を公園として有効
利用するため河川事業と連携して整備されたところです。

21_3

22_2
       今日は午前中「野鳥観察」をしながら座学会場に向かいます。

Upgysv8rnawvq5o1518575538_151857_4
       まずは双眼鏡の使い方を教わります。

Lmixwrz806ihakt1518576425_151857_6
途中で見つけた鳥の巣。なんとビニールひもでできています。都会の野鳥
は身近な材料で工夫してる⁉

遊水地と境川に挟まれた道は大変寒かったのですが次々と姿を見せて
くれる野鳥にみんな夢中に! 
カワセミの雌の下のくちばしが赤い事。なんとハンティングに成功する
ところも観察できました。

Dikzmls9xmijmej1518576375_15185763
        (写真はカワセミではありません)


午後は情報センターで安西先生の講義です。

34_3

境川遊水地公園の情報センターです。(昼食と講義)
安西先生の講義はユニーク話術で楽しませてくれます。

Tb2n3o7xezx_qme1518576282_15185762


いると思わないと見えない。鳥より先にまず気づこと。人を怖がるので
静かに驚かさないようによく見る。大きさ、動き、形を見ること。

スズメ、ムクドリ(ヒヨドリ)、ハト、カラスを基準に大きさを比較する。

野鳥観察で大切なことは 「慣れる」 「較べる」 「絞り込む」 との事
でした。

最後に今日観察できた野鳥は約20種ほどでした。
ツグミ、ホオジロ、カイツブリ、タシギ、カワラヒバ、カワウ、コガモ、
マガモ、ヒシビロカモ、オオバン、カルガモ、アオサギ、コサギ、
クイナ、ムクドリ、ヒヨドリ、ドバト、ハシブトガラスカワセミ、
ゴイサギ(幼鳥)、ベニマシコ


次回
2月27日(火)回テーマ 植物観察入門~森の仕組み、木の役割~を
会場 生田緑地
講師 全国森林インストラクター神奈川会 菅原啓之・久野正樹氏から
講義および野外活動を通じ学びます。

                              H・A、Y・N、S・I




 


 

 

« 海辺の野鳥観察 | トップページ | H29入門コース、第21回 植物入門(4) 木の仕組み、森の役割 »

a.自然派ビギナー講座/入門コース」カテゴリの記事

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ