« 黒川青少年野外活動センター糀(麹)完成! | トップページ | 平成29年度入門コース第19回「森林保全入門」~森に手を入れるということ~ »

2018年1月23日 (火)

水辺の野鳥観察

専科コース『野鳥科』の活動報告です。
実施日時 平成30年1月11日(木)
会   場 酒匂川(足柄上群松田町)
講   師 全国森林インストラクター神奈川会 松井 公治氏(JFIK)
テ ー マ 水辺の野鳥観察
雲一つない快晴。真っ青な空に白い富士山がくっきりと映えます。
酒匂川に行く前に、寒田神社で木々にとまる野鳥の観察からスタート。

Dsc03030_2

Dsc03037_2

境内には県の名目100選にもなっている立派なカシやナギの木もありました。

ナギは「凪ぎ」に通じることから、水にまつわるご神木にもなっています。

また、葉脈が縦方向に走っているため、葉をちぎろうとしてもなかなかちぎれないことから縁結び・夫婦円満のお守りにもなっているそうです。

Dsc03038_2

Dsc02992_2

Dsc02993_2

Dsc02994_2

Dsc02995_2

Dsc02998_2

Dsc03001_2

Dsc03046_3

Dsc03047_2

川沿いに行くと、周辺の山々が一望できます。

酒匂川は神奈川県南西部を流れる全長約 45kmの川。

氾濫も多く、その昔は「あばれ川」と呼ばれていたそう。
マガモは、イルカのように半球睡眠ができると聞いて「私も半球睡眠ができたら、いいのになぁ~」と羨ましく思ってしまいました。

今回、特に印象に残った鳥はミサゴです。

英名はオスプレイ。あの新型輸送機オスプレイの由来となった鳥です。
空中で静止するホバリングや急降下もでき、その姿はとても美しいとのこと。
佇むミサゴも十分凛々しかったのですが、ダイブする姿も今度は是非見たいと思いました。

Dsc03003_3

Dsc03009_2

Dsc03059_2

Dsc03063_2

Dsc03025_2

Dsc03066_2

風も強く、鳥に出会えるのか不安もありましたが、今回も多くの野鳥に出会う事ができました。
川沿いには、梅や桜もちらほら。

春の訪れが楽しみです。

次回の野鳥科は、2/8(木)海辺の野鳥@葛西臨海公園です。

※市川野鳥の楽園から場所が変更になっています。ご注意ください。

■今日出会った野鳥たち
マガモ、カルガモ、コガモ、カワアイサ、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オオバン、トビ、ノスリ、チョウゲンボウ、ユリカモメ、キジバト、カワセミ、ヒメアマツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ジョウビタキ、ツグミ、モズ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト、ミサゴ、クサシギ、イソシギ、イソヒヨドリ
(事務局)

« 黒川青少年野外活動センター糀(麹)完成! | トップページ | 平成29年度入門コース第19回「森林保全入門」~森に手を入れるということ~ »

c.ステップアップ講座/研究科/専科コース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1676560/72756365

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺の野鳥観察:

« 黒川青少年野外活動センター糀(麹)完成! | トップページ | 平成29年度入門コース第19回「森林保全入門」~森に手を入れるということ~ »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ