« H29年度入門コース 第17回「自然体験~わら細工を作ろう」 | トップページ | H29年度 入門コース第18回「発酵食のススメ」 »

2017年12月21日 (木)

里山の野鳥観察

専科コース『野鳥科』の活動報告です。

実施日時 平成29年12月14日(木)
会   場 二ヶ領用水と生田緑地(川崎市多摩区)
講   師 全国森林インストラクター神奈川会 松井 公治氏(JFIK)
テ ー マ 里山の野鳥観察
二ヶ領用水は、多摩川などを水源とした神奈川県川崎市多摩区から幸区までを流れる神奈川県下で最も古い人工用水路です。
まずは、水源である多摩川の野鳥観察から行いました。
風がとても冷たかったのですが、雲一つない快晴で絶好の野鳥観察日和となりました。
色々な種類のカモやサギたち、カワウ、オオバン等…多くの水鳥に出会い、夢中になってしまい、なかなか前に進めませんでした。

Dsc02938

Dsc02939

Dsc02940

Dsc02941

Dsc02943
オオタカが何匹かのカラスに追っかけられている様子も見えました。

カラスも頭がいいので、自分が1匹の時はオオタカにちょっかいを出すことは少ないとのこと。

Dsc02944

Dsc02947

Dsc02953

Dsc02955

Dsc02958

Dsc02959

二ヶ領せせらぎ館前はゴイサギの親子が!

 

サギなのにシュッとしておらず、どちらかといったらずんぐりむっくり…しかも、人形のように固まって動きません。ゴイサギの幼鳥は、ホシゴイと言います。名前の由来は、散りばめられた★のような模様から。

Dsc02960

Dsc02961

Dsc02963

Dsc02967

Dsc02968

Dsc02972

Dsc02973

Dsc02974_2

Dsc02977

二ヶ領用水から生田緑地までの道のりに大きな梨の棚がありました。

生産緑地地区とは、市街化区域内にある農地等が持っている農業生産活動等に裏付けられた緑地機能に着目して、公害又は災害の防止、農林漁業と調和した都市環境の保全などに役立つ農地等を計画的に保全して、良好な都市環境の形成を図る都市計画の制度とのことです。

Dsc02978

Dsc02981

生田緑地は紅葉のピークは大分過ぎ、落ち葉のカーペットになっていました。

Dsc02982

Dsc02983
座学では、鳥の特徴や分類、進化について学びました。

また1枚のティッシュの上から風を当てると、そのティッシュは上に上がる=鳥でいう風を利用した飛び方を見せてもらいました。

その他にも、講師の松井先生の様々な場所で出会った珍しい鳥についてもお話しいただきました。

Dsc02987

次回は、1/11(木)酒匂川にて水辺の野鳥です。
■出会った野鳥
マガモ・カルガモ・コガモ・ヨシガモ・オカヨシガモ・ヒドリガモ・オナガガモ・ハシビロガモ・キンクロハジロ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・カワウ・ゴイサギ・ダイサギ・コサギ・アオサギ・オオバン・トビ・オオタカ・ツミ・ユリカモメ・キジバト・ヒメアマツバメ・コゲラ・ハクセキレイ・ツグミ・ウグイス・メジロ・シジュウカラ・ヤマガラ・エナガ・ヒヨドリ・スズメ・オナガ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ドバト・コチドリ

(事務局)

« H29年度入門コース 第17回「自然体験~わら細工を作ろう」 | トップページ | H29年度 入門コース第18回「発酵食のススメ」 »

c.ステップアップ講座/研究科/専科コース」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ