« H29年度入門コース 第14回「森海里連環学」 | トップページ | H29年度入門コース 第15回「植物入門(3)」 »

2017年11月13日 (月)

日本人の自然観~日本人の自然観及び生活・文化に関連した四季折々の植物~

実施日時 平成29年11月9日(木)

会場 鎌倉広町緑地
講師 全国森林インストラクター神奈川会 小池 一臣氏
テーマ 日本人の自然観~日本人の自然観及び生活・文化に関連した四季折々の植物~
鎌倉市の南西部・腰越地域に位置する鎌倉広町緑地。
このところ不安定な天気が続いていましたが、この日は、森林生態科全6回講座最終回にふさわしい好天に恵まれました。
座学会場のある湘南深沢駅に降りると、富士山がくっきり。
◇雲一つ無い秋晴れ

Dsc02895

午前中は、深沢学習センター (きらら深沢)で講義です。
生活文化に関連した四季折々の植物について学びました。

Dsc02878

Dsc02882

日本の四季を山で表すと…
春→「山笑う」
夏→「山滴る」
秋→「山装う」
冬→「山眠る」
…これを考えた昔の方は、想像力がとても豊かだと素直に思いました。
他にも素敵だと思ったのが「雪月花」
伝統的な日本の美の感覚を連想させる語。
雪月花を日本三景で表すと…天橋立(雪)・安芸の宮島(花:紅葉)・松島(月)
雪月花を日本三名園で表すと…兼六園(雪)・後楽園(月)・偕楽園(花)
こんなところで、リンクしているなんて!目からウロコ。日本の美を感じながら旅をする、想像しただけでワクワクします。
また、たった一言でその事柄をイメージできること、その場所に行かなくても、その景色が一緒に見られなくても、心に残ったもの(こと)を言葉一つで共有できる…
言葉って素晴らしいなぁ、大切だなぁとしみじみ感じました。
後半では、日本の衣食住と植物の関わり方についても詳しく学び、様々な視点から自然について考えることができ、最後の質疑応答でも活発に質問が出ました。
湘南深沢駅から電車移動し、西鎌倉駅へ。
天気がとても良いので、鎌倉広町緑地でお昼にしました。

Dsc02816

お腹も満たされたところで、午後の講義スタート。
以下、自然散策で出会った植物など
◆オシロイバナ(種をつぶすとおしろいのような白い粉があることが名前の由来)

Dsc02814

◆ニシキギ(錦のように鮮やかな色が名前の由来)

Dsc02817

Dsc02818

◆クサギ(ブルーベリーのような実、赤×紺の色合いが何ともいえない可愛さ)

Dsc02857

Dsc02858

◆タカサゴユリ

Dsc02820

◆コセンダングサ(くっつき虫)

Dsc02822

Dsc02823

◆ガマズミ(赤い実)

Dsc02824

Dsc02825

◆ジュズ(乾燥させると数珠のネックレス、先端の部分を上手に引っ張ると糸を通せる穴ができる)

Dsc02827

◆オオバコ(自然遊びのオオバコ相撲、踏みつけられてもへっちゃら、種はカプセル状になっており、濡れると粘着質になる)

Dsc02829

Dsc02906

Dsc02830

◆イヌビワ(イチジク科だが食べられない、雄花嚢には2種類の蜂が住んでおり受粉に深く関係している)

Dsc02836

Dsc02837

◆ツユクサ(飾りおしべ有り、虫に花粉を着け媒介させる)

Dsc02838

◆ヨシ?オギ?ススキ?(見分けるのに一苦労、ヨシは「ハイ、ポーズ!」が覚え方です。これは、講座に出た人にしか多分伝わらないです…言語化できず、すみません。)

Dsc02839

Dsc02892

◆シロダモ(黄色い花が咲くのは雄、赤い実がつくのは雌)

Dsc02840

Dsc02844

Dsc02910

◆トウネズミモチ  (漢字は「唐鼠糯」。名前の由来は固有種のネズミモチに対して、中国原産の帰化植物に由来することから。透かしてみると葉脈が見えることから「透」→「唐」とだと覚えると覚えやすいとのこと。)※訂正しました。

Dsc02897

Dsc02900

◆メタセコイア(別名生きた化石、30年経たないと花が咲かない)

Dsc02911

Dsc02848

◆エノキ(昔は一里塚付近に植えられた、理由は目印になる・枝振りがいいから隠れることができる・暑さもしのげる)

Dsc02849

Dsc02850

Dsc02914

Dsc02851

◇小池先生がくるくる種を色々持ってきてくださいました。植物は様々な方法で種子を散布するが、くるくる回りながら散布する植物もある。カエデの種は赤。ヒマラヤスギの種は芸術的に回る。見ていて非常に楽しい気持ちになる。受講生から「上手、上手!」という言葉が自然とこぼれ、一同ホッコリ(笑)

Dsc02916

Dsc02917

◆ガマ(茶色の穂は水分が無くなるとフワフワの綿毛の塊に、水を入れずに花瓶に差しておくとあっという間に綿毛になる)

Dsc02853

Dsc02852_2


◆ミゾソバ(牛の額に似ている)

Dsc02859

◆アオキ(幹が青いからアオキ、実は固く赤く熟します)

Dsc02862

Dsc02863

Dsc02864

◆カクレミノ(蓑を着けた後ろ姿に似ていることが名前の由来)

Dsc02866

◆ヤブコウジ(お正月の縁起物である十両)

Dsc02867

◆ヤツデ(八つ手だが実際は5・7・9の奇数、最初は3に裂けており左右の葉が3つずつ分裂し合計8つで八つ出という説あり、天狗のうちわ縁起物)

Dsc02872

Dsc02871

◆オニシバリ(鬼を縛れるくらい丈夫が名前の由来)

Dsc02873

◆キリ(昔は女の子が生まれたらキリを植えた、キリは15~20年くらいで成木になる生長が早い木で嫁入り道具の桐箪笥として持たせることができたため広まった)

Dsc02874

◇ここからは山道

Dsc02920

Dsc02921

アップダウンのある道を歩き続けると、視界が開けた富士見坂に到着。朝はくっきり見えた富士山にモヤが…残念!!でも、景色はとても綺麗でした。別コースを行くと、相模湾が一望できるとのこと。

Dsc02923

Dsc02927

鎌倉広町緑地の自然散策が終わると、すぐそこは海。
絵に描いたような景色に心がくすぐられます。山も海も心が落ち着く…やはり自然が好きだと再確認。

Dsc02932

横断歩道付近には人だかり。映画や漫画のシーンに出てくるそうで、海外からの観光客も多く、たくさんの人で賑わっていました。
本日を持ちまして、専科コース森林生態科全6回講座が終了です。

Dsc02935

Dsc02936

Dsc02937

この講座がみなさまにとって、有意義な時間となっていれば幸いです。
またお会いできる日を楽しみにしております。
半年にわたり、ご参加頂きありがとうございました。
(事務局)

« H29年度入門コース 第14回「森海里連環学」 | トップページ | H29年度入門コース 第15回「植物入門(3)」 »

c.ステップアップ講座/研究科/専科コース」カテゴリの記事

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ