« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月19日 (水)

H29神奈川シニア自然大学校入門コース第8回「博物館のヒミツ」

実施日:平成29年7月18日
会  場:神奈川県立生命の星地球博物館
講  師:名誉館長 斉藤 靖二氏
テーマ:『博物館を楽しむために~自然史博物館を例に~』

01

箱根登山鉄道「入生田駅」早めに全員集合した為、会場到着9:45。一息入れた後定刻
10時講義が開始された。例年と異なり今回は斉藤聖二名誉館長(ご専門分野地質学)
から「博物館を楽しむために・自然史博物館の仕事を例に」をテーマに講義を受けた。
club先ず「博物館の仕事」とは「過去から現在はなく、次は未来しかない、唯ひたすら
集め続けるのが目的という一種宿命のようなもの」には吃驚しました。
この博物館のような自然史系博物館の仕事は、自然を調べ、標本資料を集め、活用・
整理・蓄積したコレクションを次世代に継承することであり、これらは人類が生きてきた
記憶で、何を考えてきたかの「証」であり、未来の研究素材でもある。この仕事は
話題性もなく、研究成果を発表して栄誉を売るのと違って、地味で、土台作りのような
もので息が長く疲れてしまう。でも誰かがやらなければならぬものとの説明、その努力
に頭が下がります。

21

2019_2

club 博物館は「立派な展示施設に標本を飾って解説してれば良いものでもない」「集客目的の観光施設はない」「楽しいイベントの商売をやるテーマパークでもない」のだが、最近はこんな目先の費用対効果だけを求められることが多く困ったものである。
clubスミソニアン(米)博物館の生い立ちとその後の特別資金投入した蒐集の例。(入札では
他社の3倍程度の落札)、日本では8世紀の東大寺大仏建設に陸奥の金が多く使われたこと。等興味深い話もあった。
club然しながら歴史的に見て明治に入ってから博物館が恵まれていた時代があったためしが
無い。湯島聖堂内の「東京教育博物館」の閉館。「平瀬貝類博物館」の軍事費ねん出のための標本売却要求、その後閉館。等更に「廃仏、廃城令」などあり、対抗上神社と合併・統合
でその場をしのいだこと。
club博物館関連の役所は文部科学省だが文部省系列と文化庁の2系統に分かれて管理されおる。予算緊縮化のためと称して効率化、経済化が優先されおり、本来業務の目的達成には目をつぶらねばない場面も多く困惑を続けているとのこと。一般社会の会社業務と同じ様な管理手法をやってるなという感じでこれで良いのか甚だ疑問を持つ次第である。
clubここ地球博物館は地質・地形・生態・景観・風土・生活・歴史・文化の輪廻(循環)の中心の
場所であり、未来の研究する場所に適している。これとは異なるが大地震・天災の確率は2140年頃と推定。(240年説)記者等関係者は話題になりそうもない話は受け付けない。
club展示物の見方は特に「見えないものを是非見て欲しいと思う由」この例としては展示品の
恐竜の足跡の化石をみて恐竜の(尾っぽ)がないが、尾っぽを持ち上げて歩くのではないかと指摘した仁があり、どうも該当の恐竜は尾と頭を水平を保ち、バランスよく歩いていたことが後で確認されたこともあった。尾を引きずる恐竜は「ゴジラ型」引きずらないのは、スピルバークの(ジュラっシックパーク)に出てくる恐竜。足が速く。左右回転が素早いという。

斉藤名誉教授には12時を過ぎる迄長時間楽しいお話をして頂きました。普段この様な話は
聞けませんので大変有難く感じました。いずれにせよ生命の星地球博物館の皆様の日頃のご努力に敬意を表したいと思います。

昼食後次回インフォメーション、菅平合宿など事務局から説明後取り敢えずここで第1次解散
以後は館内自由見学のこととなった。

特別展 地球を「はぎ取る」地層が伝える大地の記憶

04_2

10

09_3

06

07_3

地層には、大地の記憶がきざまれています。接着剤を付けて
ジュータンを剥がし
取った様な標本です。

clubその他常設展示品の観察

恐竜の骨格模型と右側は恐竜の足跡(ジュラっシックパーク形恐竜)
この観察時間のPM2時頃久し振りの雨(結構強い降り)で一瞬気温が下がりました。

作成はH.A(協力Y.N)

02

03

_2926_edited2

続きを読む "H29神奈川シニア自然大学校入門コース第8回「博物館のヒミツ」" »

2017年7月18日 (火)

アルチンボルドに描かれた植物

実施日 平成29年7月13日(木)

会場 国立西洋美術館・東上野区民館
講師 全国森林インストラクター神奈川会 久野正樹氏
テーマ アルチンボルドに描かれた植物
今回は“絵として描かれた植物に触れる”という新しい切り口の講義です。
緻密に描かれた果物、野菜、動植物などを寄せ集めた、珍奇な肖像画の製作で世に知られるアルチンボルド。
国立西洋美術館で開催されている「アルチンボルド展」に合わせ、第3回目の講義が行われました。
午前中は、アルチンボルドの歴史や代表作の「四季」に描かれる植物についての解説を聞きました。
みなさん、とても熱心に聞いていて、終わった時には「講義を受けただけでも十分楽しい~♪」と大満足の講義でした。

Dsc02634

Dsc02635

午後は、国立西洋美術館での自由観覧です。
午前中に絵の中に描かれた植物について学習していたので、実物を見ると、絵の細部まで楽しむことが出来ました。
下のチケットの写真の「四季 春」には、なんと80種もの植物が描かれています。
なんとなく「植物だな~」と見るより「これはカーネーション。これはボタン、スミレ…!」とわかると嬉しい気持ちになりました。

Dscf3745

また講義後、東京KITTEにある現代版・驚異の部屋「インターメディアテク」にも行きました。
驚異の部屋とは、15世紀から18世紀にかけてヨーロッパで作られていた、様々な珍品を集めた博物陳列室のことをいいます。
自然物も人工物も珍しいものなら分野を隔てず一所に取り集められるのが特徴で、その中にアルチンボルドの絵画もあったそうです。
東京大学の学術標本が展示されていて、驚異の部屋を実体験することができました。
入場無料ですが、見ごたえのある博物館に来たようで、とても楽しかったです。

Dscf3744

(事務局)

2017年7月 5日 (水)

H29年入門コース第7回 安全管理

日時  2017年7月4日(火)  10時から15時
場所  黒川青少年野外活動センター
講師  大東文化大学 スポーツ 健康科学部  中村正雄先生

『安全管理』なんて、今まで生きてきて必要じゃ無かった、という方々こそ受講すべき講座でした。

Dsc_0224_2  受講前の参加者一同

今まで『不要』な方ほど『リスク』に鈍感になりますね、危険を予め認識して行動することの重要性について中村先生から丁寧な説明が有りました。例えば携帯ガスボンベ(いわゆるカセットフウ)使用の危険性、前車からの被害実例、熊襲撃


基本は、リスクを知りながらリスク現象発生時点での対応が重要である、との大切な話が豊富な事例を元に解説されました。

1時間ほどの講義のあと、グループワーク開始。本日は18名の参加で5グループにて
ファーストエイドキット(救急箱)の中身を検討しました。  ①いつどこへ行くか②想定されるアクシデント③何を持っていくか(10個限定)

Dsc_0225  各グループの救急箱の内容
今回は、『山』系統が4グループと7月の歌舞伎座(歌舞伎町ではない)というユニークなグループもあり、盛り上りました。

昼食後はAED講習となり、緊急救命法の実技です。AEDを使わずに一生過ごす事が出来れば幸いですが、実際に遭遇したときに『オタオタ』しないために、一度は受けたい講義となりました。

講義の中でも、誰もが心臓の問題と思わずAEDがあるにも関わらず中学校内で無くなった少女の話は、蘇生法が『知るべき知識』であることを痛感させられた。

講義のあと、いよいよ実技の開始。胸部圧迫を人形を使って実施する。意外と『強く』、肋骨が折れるくらい、押す必要があり、実施者一同驚きの声が上がる。

Dsc_0230 まずは胸部圧迫による脳への血液の送り込み、必死に押しているため上半身はぶれています

続いて『人工呼吸』の実技です。先ずはバルブを使っての人工呼吸を行う。呼吸が入ったか意外と実感しづらい

Dsc_0226 人口呼吸による

肺への酸素送り込み、これは器具を使っています

さて、最後に胸骨圧迫人工呼吸AED救急隊到着シナリオに基づきAED使用訓練。

Dsc_0232 AED始動ボタンを押す

Dsc_0234 AEDパッチを付ける

一連の蘇生法を訓練した参加者一同、『参加して良かった』との多くのコメントを残し解散となる。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ