« H28 JASSコラボイベント「根岸の丘から歴史遺産探訪」10/7報告 | トップページ | 第3回公開講座 西鎌倉自然散策会 報告 »

2016年10月14日 (金)

H28 第3回 流域探索プロジェクト 報告

930日に実施されました、第3回流域探索プロジェクトの報告です。

    「逗子の神武寺~鷹取山~田越川沿いを歩く」


逗子は豊かな森と海、川に囲まれた自然の色濃く残る町です。

市内を東西に貫く田越川には、四季を通じ多くの生き物たちが棲み、それぞれのいのち輝く瞬間を垣間見せてくれます。

また森や谷の美しい景色や草花が私たちを包み、心を和ませてもくれます。

秋の一日、東逗子駅より神武寺を経て鷹取山に登り、池子川の源流に「大河の一滴」を探し、合流した田越川に沿って歩き、六代御前の墓所まで下りました。

 

今回は、5期の女子会が調査行を含め全ての企画・運営を行いました。


1 出発してすぐに山道

2 宗澤リーダーの植物解説

3 周辺の岩隙植物群を見る

4 崖のイワタバコは神武寺を代表する植物

5 神武寺の六地蔵の前を行く

6 境内のホルトの木は樹齢400年
通称なんじゃもんじゃの木
神奈川銘木100選に選出

7 きのこや羊歯・苔などに出会ううちに、次第に展望が開けま江ノ島も望めました。富士山は見えず残念・・・

8 鷹取山へは鎖場もあって厳しい登りが続きます。

9 鷹取山139m)山頂より360度の眺望

神奈川景勝50選のひとつです。
横須賀港にフリゲート艦が入っているのも見えますね。

鷹取山は明治から昭和初期にかけ石材の採掘場だったので垂直の壁や
岩場があり、ロッククライマー達の練習場にもなっています。

 

10 眼下には森と見事に調和した岩山に彫られた磨崖仏

11 山頂展望台にて

12 親不知子不知といわれる鎖場 下りも厳しいが・・

13 森や草花には癒されます。

14 吉祥草 この花が咲くと縁起が良いそうです。

15 ノカンゾウ 内側の3枚が花びら 外側の3枚が咢です。

16 岩肌から滲みだす水。これぞ大河の一滴!

 17 岩の間を伝う細い流れが池子川 やがて田越川となっていきます。

18


19  ツマグロヒョウモン(♀)

20  ヤブミョウガ

21 山を下り、宗澤さん宅で休憩。

お茶とおいしい手作りのケーキやフルーツを頂き感激。
このDVDで田越川の四季と生物たちの勉強をしました。

 

22 
池子川は合流して田越川となります。川沿いに鯉の群れや草魚を見ながら下ります。

この地点は河口から海水が上がってくる感潮域になって

いて、ボラやハゼ、モクズガニなども見られます。

 

23 
田越川を縄張りとするアオサギ
「チェッ 鯉は大きすぎて食えねえや・・」

 

24

河口近くにある六代御前の墓

六代御前は平家最後の嫡流で、清盛の曾孫。平家滅亡後出家していたのに、猜疑心の強い二代将軍頼家により鎌倉に連行され、田越川のたもとで

処刑されました。このため田越川は御最期(ゴサイゴ)川ともいわれます。

 

六代御前は手厚く葬られ、その墓は巨大なケヤキが護っています。

ようやく旅の終点に着きました。2万歩位歩きましたね。お疲れ様でした。

 

この後、逗子駅近くのお蕎麦屋さんで楽しい打上げを行いました。 (S.S)



« H28 JASSコラボイベント「根岸の丘から歴史遺産探訪」10/7報告 | トップページ | 第3回公開講座 西鎌倉自然散策会 報告 »

e.プロジェクト」カテゴリの記事

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ