2019年8月 2日 (金)

2019年度 入門コース第4回 「自然素材と伝統パッケージ」

神奈川シニア入門コース
第4回「自然素材と伝統パッケージ」
2019年7月17日

本日は講師都合で9月講座と入れ替えての
実施となりました。
4_20190802160701
講師はやまぼうし自然学校の丹野雅之氏。
かつて自然素材がどんな風に
暮らしに活用されていたかを振り返ります。

4_20190802160602
藁、和紙、樹皮などでできた包むもの、
入れるものなどのサンプル。
包装がプラスチックにとって代わった現代ではほとんど
見られないものも。

4_20190802160603
今日は竹皮を使ってちまきを作り試食してみます。
薪を運び、まずは火おこし。

4_20190802160604
長引く梅雨で湿っぽい薪でしたが
どのグループも見事に火が熾りました。

4_20190802160605
メニューは本格派、中華ちまき。
貝柱、干しエビ、豚肉、銀杏、クコやマツの実など
9種の具材が入っています!

4_20190802160606
三角錐になるよう、竹皮に包みます。
慣れるまでなかなか難しいですね。

4_20190802160607
火力を調節しながらセイロから蒸気があがったら 
包んだチマキをセットしていきます。
約20分で蒸しあがります。

4_20190802160608

4_20190802160609
みんなで70個近く包んで、
ひとりあたり3個ずつ試食。
OB神田さんが中華スープも用意してくれました。

4_20190802160610
午後からは卵を持ち運ぶための「つと」に挑戦。

4_20190802160611
卵を藁で固定していく単純な作業ですが
慣れない素材だけに苦戦です。
「生卵」を用意しましたがご要望で急遽「ゆで卵」に。

4_20190802160612
「つと」で固定した卵を各自お持ち帰りいただきました。
限りある資源やプラスチックゴミ問題などに
思いを巡らせていただければ幸いです。
(事務局/石川) 

2019年7月28日 (日)

2019年度 専科コース第3回「シダ植物の知られざる生涯」

神奈川シニア専科コース
第3回「シダ植物の知られざる生涯」
2019年7月3日
会場/フィールド 四季の森公園

4
本日のフィールド、県北東部に位置する四季の森公園は

地域的に豊富なシダ類が観察できます。

4_20190728181101
講師は全国森林インストラクター神奈川会の
日比野聡氏です。

4_20190728181102
インストラクターの資格取得後に

シダ類についての研究を重ねたそうです。

4_20190728181103
画像の入った観察用資料には

本日観察できるであろう36種ものチェックシート付き!

4_20190728181201
午前中の座学で種類や分布、形態や生態について

講義を受けたのち、いざフィールドへ。

4_20190728181202
チェックシート片手に一枚一枚、
表や裏をくまなく観察します。

4_20190728181203
ソーラスの位置や形、つき方が異なり

同定の重要な手がかりになります。
皆さん資料と首っ引き。

4_20190728181204
カワセミ観察ポイントには人馴れした一羽が

羽根を休めています。

Photo_20190728181201
ネムノキの花やヤブカンゾウなど

夏の花もあちらこちらに見られました。

Photo_20190728181202 
(事務局/石川) 

2019年6月27日 (木)

2019年度 専科コース第2回「食べられる野草」

神奈川シニア専科コース
第2回「食べられる野草」
2019年6月5日(水)
会場/フィールド 神奈川県自然環境保全センター

2_20190627135601
本日の会場は厚木市にある自然環境保全センター。
本厚木からバスに揺られ到着しました。
敷地入口の看板にご注目!

2_20190627135505
自然豊かな環境に建つセンター外観。
ここでは、丹沢大山の自然環境モニタリングと再生技術開発や
野生生物と共存できる森林管理技術開発などを
行っています。

 2_20190627135503
午前中は座学。
雑草と野草の違いとは?から始まり、
山野草の歴史にも触れながら
食べられる野草を中心に講義が展開されます。

2_20190627135502
本日の講師は森林インストラクター神奈川会の辻真澄氏。
野草や山菜の見分け方のみならず、収穫後の処理の仕方や
味わい方まで指南いただきました。

2_20190627135504
ランチタイムは講師の辻氏もご一緒に
屋外のベンチで和気あいあいと。

2_20190627135506
自然観察は辻氏、久野氏と2グループに分かれて出発です。
施設内の池には初夏らしく水生植物の花が2種。

2_20190627135509
施設内の自然観察園周辺で、食べられる野草を
中心にフィールドワークを開始です。

2_20190627135507
カタバミの白花は珍しいです。

2_20190627135508
この施設では全国に先駆けて「花粉の少ないスギ」の
研究がされています。
生産した種子は県内で花粉症対策として
普及をすすめているそうです。

2_20190627135701 


2_20190627135510
ご存知のとおり、丹沢周辺ではヤマビルが多数生息していて
林内観察時は用心しなければなりません。
当日は晴天で、舗装路を中心に歩いたのですが
2名の方が「血祭り」に・・・。
後日「適切な処置だったので快復している」との連絡をもらい
安堵しました。

2_20190627135511
(事務局/石川) 

2019年6月25日 (火)

2019年度 入門コース第3回 「里山の手入れ」

神奈川シニア入門コース
第3回「里山の手入れ」
2019年6月19日(水)

本日は施設内の樹を切り倒してみる講座です。
梅雨時期で雨が心配でしたが
好天に恵まれ、屋外での作業もはかどりました。

3
まずは室内講義。施設としての里山利用や手入れの実際についてのお話しです。
近隣住民参加型の<ネイチャーボランティア>活動についても
触れています。

3_20190625210401
講師は黒川青少年野外活動センター所長の
野口氏です。

3_20190625210402
里山の恵みあれこれ。
ドクダミ茶やハチミツは実際に味わいました。

3_20190625210301
施設内を<里山の利用>という視点で巡ります。
住居跡のさらに奥に養蜂箱が設置されています。

3_20190625210302
午後からの作業場所を視察。
なぜこのコナラを間引くのか?
伐倒樹木を確認し、伐倒方向をコントロールするために
セットされたロープを確認します。

3_20190625210403
本日のランチ食材の一部。
受講生Y氏の差し入れ、海老名産の採れたてトマト!
マダケ(真竹)は長野県上田市で収穫したもの。
こちらは味噌汁にします。

3_20190625210404
今日は低温熟成の信州産味噌(やまぼうし自然学校手作り)で
味わっていただきます。

3_20190625210405
白飯に具沢山の味噌汁。
毎回シンプルですが、持参したさまざまな
「ご飯の友」でお腹いっぱい味わっていただいています。

3_20190625210302
安全を確保しながら、野口所長の合図で
ロープを引きます。

3_20190625210406
チェーンソーで受け口、追い口を作っていきます。

3_20190625210407
伐倒後はチェーンソーや手ノコで枝葉を処理し、
無事に間伐作業が完了しました。
皆さんお疲れさまでした。
(事務局/石川)

2019年5月22日 (水)

2019年度 入門コース第2回 「里山の植物観察 春」

神奈川シニア入門コース
第2回「里山の植物観察 春」

前日の雨は上がり、第2回もお天気に恵まれ
観察日和となりました。
ウエアやシューズを新調された方も見受けられ、
装備も完璧です。

2_7
座学は里山の水田雑草を中心に、花の進化についての講義。

2_2
講師は全国森林インストラクター神奈川会の菅原啓之氏です。

2_3
資料には里山の代表的な草花写真も載っていて
復習にも活用できそうです。

2  
お待ちかねのランチタイム。
黒川仕込みのお味噌を使い、今日は春野菜の汁物です。

2_4
炊き立て羽釜ご飯はおこげも美味しい!
おかわり続出です。

2_9
野外活動の植物観察は汁森神社からスタートです。

2_8
樹形、樹皮、新緑、落ち葉、草花・・見るものがたくさん!
実物を手に丁寧な説明がされています。

2_5
汁森神社を抜け「黒川海道特別緑地保全地区」への移動中も
さまざまな草花を目にすることができました。

2_10
3月末に整備が終わったばかりの新ルートを探索。
以前は手入れの入っていない荒山で立ち入ることが難しかったそうです。

2_1
この時期はホオノキの花が満開です。
見上げるような高さ、大きな葉、花の香りを体感できたことでしょう。 (事務局/石川)

2019年5月15日 (水)

2019年度 専科コース第1回「磯の生き物の生存戦略」

神奈川シニア専科コース

第1回「磯の生き物の生存戦略」
会場/フィールド 天神島臨海自然教育園

今年度の専科コースは、大幅なカリキュラム変更と
全国森林インストラクター神奈川会の全面的な協力を得て
開催に漕ぎつけました。

Photo_9
好天に恵まれた専科コース第1回は横須賀市佐島の天神島へ。
本日の受講は8期生を中心に7期生、2期生、彩の国シニア修了生
総勢14名です。

Photo_10
担当講師は久野正樹氏。
PPと配布資料を見比べながらまずはじっくり座学です。

Photo_11  
ランチタイム、館内自由見学ののちいよいよ野外へ!
磯の香りと潮風が何とも心地よい。

Photo_15
約50種の海岸植物が見られるという天神島と笠島の砂丘。
色合いや葉の感触を確かめながらの観察です。

Photo_12  
野外観察時はちょうど引き潮。
海岸の植物観察から潮だまりへ移動。
色とりどりの海藻や小さな生き物たちに興味は尽きません。

Photo_14
ビジターセンターに展示するために指導員さんが採取した
シロウミウシ、アオウミウシもタイミングよく観察できました。
「海の宝石」と称されるのも納得、の美しさ!

Photo_13
本日の専科コースにはサポートスタッフとして
菅原啓之氏も同行くださいました。(事務局/石川)

2019年4月21日 (日)

2019年度 入門コース第1回 「開講式・里山概論」

神奈川シニア入門コース 

第1回「開講式・里山概論」
2019年4月17日(水)
会場/フィールド 黒川青少年野外活動センター

今年度は定員を大幅に超えた応募だったため、開講にあたり
厳選なる抽選が行われました。ご当選の皆さまようこそ!
9期生15名を迎えての入門コース。
一年を通して<里山>をキーワードに知識や技術を習得します。

Photo_3
冒頭の開講式。佐藤初雄理事長のメッセージに聴き入る皆さんは
やや緊張の面持ちです。

Photo_2
引き続いて<里山概論>の座学は、やまぼうし自然学校の丹野雅之氏が講師。
森林の定義から始まり、日本の森林の現状を踏まえたお話しです。

Photo_1
校庭ではスタッフが羽釜ご飯の準備。
今期は安曇野産<はざ掛け米>の炊き立てご飯と
黒川仕込み味噌による汁物が昼食に提供されます。

Photo_6
薪で炊いたご飯は絶品です!

Photo_8
午後はフィールドへ。
里山の手入れの様子を確認したり、植物を観察しながら
センター内を中心に散策しました。

Photo_5
センター敷地内のベニバナトキワマンサク。

Photo
センターから真光寺公園に続く散策路のアオダモ。
うららかな風にそよぐ繊細な花が咲いていました。

Photo_7
芽吹いた新緑が美しい季節です。
散策は瞬く間に終了時間となりました。(事務局/石川)

2019年4月14日 (日)

2019年度 TEAMはまとびむし 4月

海岸美化プロジェクト  4月
実施日:2019年4月9日() 快晴
会場:オーシャンファミリー海洋自然センター
テーマ:大浜海岸のゴミ
参加者:7

21

この子はだーれ    砂浜に忘れられて しまったおもちゃ!ゴミになりました。

22

海の中にも芽生えの春がやってきています。海ぞこの砂漠化が心配と漁師さんが言っていました

23

タイヤが海を漂って打ち上げられていました。小さな生き物は大あわて!ぶつかったかも!
これも誰かの不注意で捨てられたゴミ!

24

富士山が真っ青な大空にくっきりと姿を見せていて、気持ち良く活動ができました。
凛としてるでしょ!  綺麗でしょ!いつまでも見ていたい富士山と海。
一時間半程ゴミを拾い、オーシャンファミリー海洋自然センターで2019年の活動予定について話し合いと確認をしました。

26

帰り際に会ったヤドカリさん、若芽を食べてワカメ色になってる!綺麗でしょ!光ってる!
次回の活動日 5月7()10:00オーシャンファミリー海洋自然センターに集合です。
富士山のご機嫌はいかがでしょうか? 楽しみです。  (武田記)

海ゴミプロジェクト チームはまとびむしの活動ブログは終了します。
私達の活動に興味のある方はご連絡ください。
目的   :海遊びと海岸ゴミの回収及調査
活動日:毎月第1火曜日10:0015:00    午前中ゴミ調査、午後海遊び等 (8月はお休み)
会費   :1,000(施設使用料及活動費)
場所   :オーシャンファミリー海洋自然体験センター集合
問合せ:shain_wann@yahoo.co.jp  (武田)

2019年3月31日 (日)

H30入門コース第20回 「インタープリテーション/修了式」

P1010014 P1010016

実施日:平成31年3月12日(火)
会場:川崎市黒川青少年野外活動センター
講師:やまぼうし自然学校 理事 丹野 雅之 氏
テーマ:インタープリテーション/修了式
参加者:8期生8名 聴講生1名 サポートスタッフ4名


いよいよ本年度最後の講習。
1年間のまとめとして、インタープリテーションについて学びました。

P3120004 P3120005  

講師の丹野先生より先ずは、インタープリターとは何かのお話。
・知識・技術を有するインタープリターが、参加者に対して教えるのではなく、気づきを与える。
・自分にとっても見ただけでは10%しか身につかないが、人に話すことにより90%身につく。

P3120006P3120008

次いで、インタープリテーションを実施するための方法として、
・手法、思いを伝える方法、技術、用具、実施の際の注意など、具体的な講義があった。

   P3120013 P3120016

その後は、インタープリテーション体験として、3人づつのグループに分かれて、テーマを選定・構想を練り、黒川のフィールドの中で材料を探した。

P1010020P3120017P3120018

グループごとにまとめていった。

P3120019 P3120020 P3120021 P3120025 P3120026

そして、各グループごとに設定したテーマに沿って、発表が行われた。総じて1年間で学んだことを通じて興味を抱いたことや、印象に残ったことについて発表される方が多く、充実した1年を過ごされた様子が見て取れた。

最後に修了式。

P1010051 佐藤理事長より、入門コースの「修了証」並びに神奈川自然大学校「自然観察アドバイザー」の「認定証」が各人に渡され、それぞれが1年の感想なり今後のやりたいことなりを述べ、佐藤理事長からの祝辞、恒例の「ふるさと」斉唱、写真撮影を行い、無事終了しました。




1年間お疲れさまでした。

P3120028

文責:西尾

2019年3月17日 (日)

H31 専科コース 「津久井城山」

実施日:平成31年3月14日
会場:東京都八王子市 津久井城山
講師:ローカライズプロダクション 代表 大内征氏
テーマ:戦国時代の山城探訪
参加者:参加者17名 サポートスタッフ2名

P3140043

今回は低山トラベラー・大内征氏に津久井城山を案内していただきました。
大内さんは、低山登山紹介の本を出しています。
「低山トラベル とっておき低山30座の山旅ガイド」
「とっておき! 低山トラベル 関東平野を取り巻く名低山31座」

BA

この地は、北方に武蔵国、西方に甲斐国に接する相模国の西北部に位置し、八王子道や津久井往還が通り、水運のルートの相模川が流れている、地埋的要衝の地で、今から500年前、この山は「津久井城(築井城)」と呼ばれる山城でした。江戸時代の初頭には陣屋 (代官所)が置かれ、陣屋の廃止後は御林(幕府直轄林)として、さらに麓に暮らす人々の生活を支える里山としての歴史を刻んできました。

P3140003P3140002

P3140006

津久井湖を眺めながら、津久井城山の概略を聞いて、これからの散策に期待が膨らみます。
出発前に、体操で体をほぐし散策の準備を整え、

P3140008

メタセコイアの美しい樹形を眺めながら出発。
.
.
.
.

P3140017P3140015

山頂の本城曲輪を目指して登山開始です。北側斜面は急峻でくさり場もあり、冒険的な道です。

P3140022P3140024

急なくさり場を超えると、「鷹内場」に到着します。東方面の見晴らしが開け、池袋方面、スカイツリー、横浜のランドマークまで広範囲に見渡せます。

F

少し行くと、「飯縄曲輪」です。「曲輪(くるわ)」とは、土塁で囲んだ平らな場所があり、ここで兵が駐屯し、敵を打変え打ちました。飯縄曲輪・太鼓曲輪・本城曲輪など、いくつもの曲輪が敵の侵攻を迎え撃ちました。「飯縄曲輪」には、「飯縄神社」「烽火台」「宝ヶ池」があります。

P3140032P3140034

「烽火台」 ここは丹沢方面が見渡せます。遠くからも見えるため烽火台が置かれ、戦国時代の通信手段の拠点でした。ここからの景色も絶景でした。

P2080034P3140038

「飯縄神社」 「飯縄権現」を祀っています。飯縄権現は不動明王の化身で軍神として戦国武将に受け入れられていました。後北条氏は関東の飯縄権現信仰の中心地である高尾山を厚く庇護していました。

P3140029

「宝ヶ池」 枯れることのない湧き水の池があります。水は、城中の生活に欠くことのできないもので、なくてはならないもの。とは言っても、この高さに湧き水の池があることが不思議です。

DP3140050

「堀切」 山頂に向かう尾根を掘って谷のようにしたものです。常時は橋を渡し通行し、敵が攻めて来た際には橋を本城曲輪側に引いて敵を渡らせないようにしたのでしょう。当時の堀切はもっと深く谷のように掘られていたことでしょう。

EP3140040

P3140041_2

山頂に到着です。「本城曲輪」は城の中心で最も重要な曲輪です。スペースが広くないので、天守閣などの大きな建物はなかったと考えられています。

P3140045

山頂からの津久井湖の景色もなかなかの絶景でした。しかし戦国時代にはダム湖の津久井湖はなく、山頂から相模川の谷底まで一気に落ち込む急斜面だったのでしょう。
.

P2080052

下山には、山麓を反時計回りにゆっくり下る女坂を降りました。途中、縦方向に掘られた竪堀(たてぼり)を通過します。これは、横移動を防ぐほか、外敵の侵入路を限定し、城側からの攻撃をしやすくする役割も持っていました。

P3140054

檜林の中を下る城坂を降りました。檜林は江戸末期の御林の風情を感じさせます。
.
.
.

P3140063

ウッドデッキ状の湖畔展望園路を時計回りにゴールの観光センターを目指します。

.
.
.

P3140064P3140068_2P3140060P3140073

途中、津久井湖をバックに記念撮影、山頂を眺め、植物の観察をしつつ、満足のプログラムが終了しました。

P3140052

(檀野)

«H31 流域プロジェクト 第4回 泉の森公園と引地川

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ