2018年6月17日 (日)

H30 入門コース 第5回 「五感で学ぶ手法の体験」

実施日: 平成30612 ()

 : 川崎市青少年の家 (川崎市宮前区宮崎105-1)

 : 藁谷久雄 (わらがい ひさお) 先生 (NPO法人 国際自然大学校 副理事長)

テーマ : 「五感で学ぶ手法を体験 ~ シェアリング・ネイチャー」

 親しみやすいパッケージ・プログラムとして、ネイチャー・ゲームを体験する

自然体験活動の意義についての理解を高める

参加者: 受講12(8: 12), スタッフ3名 

P6120001P6120003

今回は、解説を聞いて自然を理解するのではなく、五感を使って自然を感じてみました。「シェアリング・ネイチャー(ネイチャーゲーム)は大人から子供まで楽しみながら自然を実感できるプログラムですから, 本日は大いに楽しみましよう」 という、藁谷先生のアドバイスから始まりました。

1P6120005

色いくつ 中庭で, 自分の周囲に, 自然の色として, どんな色があるか数え, 皆さんで発表しあう。草花のみならず, 木々の葉 幹 花 果実, 苔の色, 土の色, 空の色, 雲 などなど, 10色以上も発見できた。もっとあったのかな?

3

音いくつ  全員が目をつぶり, どんな音が聞こえるかを数える。自然な音・人工的な音も聞えてくる。じっと聴いていると, 自動車音に負けず, いろいろな鳥の鳴き声や 風の音 がはっきりと聞こえる。皆で発表しあっている時に, ヤマバトの長閑な啼声が聞え, また, ウグイスが強く大きく主張するような鳴き声を発していました。

 P6120009P61200114P6120015

カモフラージュ 森に隠された人工物を探す。たくさん置かれた人工物を, いくつ見つけられるかチャレンジ。"人工"はそこに置かれているだけで、何かで蔽ったりして隠されているわけではありません。2回づつ挑戦。1回目は全く見つけられなくても2回目にはいくつか見つける事ができる。しかし, 全て見つけ出した人は, 今まで誰もいないとの事でした。野生動物や昆虫は保護色や擬態を駆使して発見されないようにしているのです。探す側に先入観などあったりすると全く見分けられません。

 P6120021P6120020

森の色あわせ 3人一組になって, 18種類の色マップのそれぞれに合致する自然物を探す。重要な事は, 3人全員の合意で合致していると判断しなければならない事。各人個人の判断を皆で分かち合う事が重要なのです。同じ色は、ありそうでピッタリは難しかった。

 P6120028P6120027P6120030Photo

目隠し イモムシ 全員が目隠しをして前の人とつながり, イモムシのように進む。時々下側にある物体に片手で触れて何なのかを推測したり, 歩く時の足裏感覚で歩いている所を推測したり、目を隠すと他の感覚が働き出します。手のひらで太陽の位置を感じたりもできます。

P6120035P6120036

ネイチャー・トレイル 目隠しをして, 木々に張られたロープを片手で伝ってゴールまで歩きます。もう片方の手で前方安全確認を行います。ロープには段差があったり, 張られている角度が急変したり, テンションが大きく変わったりして, 大きな不安や恐怖を覚えながら進みます。触覚で自然を感じました。

 P61200381_2

探検ルーペ 直径約1センチの丸穴が開いている厚紙を使うゲームです。この丸穴から覗く事で視界を制限するため, 狭い領域に注意を集中する事ができます。視界制限という新しい体験, 新しい発見がありました。

 P6120048P6120057

フォールド・ポエム (Fold Poem) 3人一組になって, 素敵な場所を見つけます。その場で感じた事をリレー形式で合作詩を作ります。感じた事のアウトプットに挑戦です。完成後はタイトルをつけて皆さんに御披露。恋愛物仕立て, わが青春追憶編 や 現状嘆息編など 意図もしなかったシナリオとなっていたり 意表を突いた情景が詠まれていたり 予想以上の出来栄えの見事さに, , ビックリです。

 P6120066P6120065

サイレント・ウオーク (Silent Walk) 二人ペアを組んで約10メートルを, いいもの探しながら歩きます。発見したら相手に知らせます。でも、しゃべってはいけません。上手く伝えられるでしょうか?実施後の感想では相手に結構伝わったと思うと考えておられる方が多かったです。ほんとうかなぁ?


本日のまとめ

 

P6120068P6120043

 ネイチャー・ゲームでは, 自然と自分が一体であることを気付くことに主眼を置いています。博物学的な立場とは趣が異なっています。楽しみながら自然を実感できるので, 大人から子供まで参加できるのです。

 また, ネイチャー・ゲームでは, お互いに, ともに分かち合うという"分かち合い"が大変重要となっています。シェアリング・ネイチャーと称される由縁です。そして, "まとめ"自体が"分かち合い"の実例の一つです。

 ネイチャー・ゲームには, 熱意・感覚・体験・感動をもたらす各種の要素ゲームがあります。そして, ゲームの流れが起承転結となるように, "フロー・ラーニング"を効果的に使う事が重要です。本日はシニアなので,  感覚・体験・感動をもたらすゲーム を組み合わせたとの事。我々シニアは子供たちを育てる立場にあります。起承転結のシナリオが異なるのは当然の事ですね。

 現在の子供達からは随分と多くの体験が失われています。今我々大人がすべきことは, 奪われた体験の機会を, 意識的に, 少しずつでも増やし, 取り戻すことでしょう。

 (写真・文責 紺谷(7期終了))

P6120053P6120054P6120055


2018年6月11日 (月)

H30 共催 寺社ではない鎌倉

実施日:平成30年6月8日(金)

会場:鎌倉市御成町・笹目町・長谷・由比ヶ浜エリア

講師:森林インストラクター(神奈川シニア自然大学校修了生)

     久野 正樹 氏  大橋 泰雄 氏

参加者:30名 サポートスタッフ2名

日本セカンドライフ協会とのコラボイベントで、観光寺社を離れ、静かな散策路を歩きながら鎌倉に残る明治や大正時代から残る洋館や和風建築を訪れました。

朝は鎌倉駅西口に集合し、講師のガイトと共に出発しました。
戦争の時の裏話や、古我邸などの洋館の当時の話など楽しい話が道中を彩ります。

P6080005P6080007P6080008P6080009

昨年オープンした「鎌倉歴史文化交流館」にも足を運びました。
厳しい日差しでしたが、吹く風は涼しくとても心地よかったです。

P6080020P6080025P6080048

「鎌倉文学館」では夏目漱石や石川啄木などの文豪たちの軌跡や美しいバラ園などを見学しました。

P6080064P6080065P6080073P6080069

昼食は鎌倉大仏の前にある「味亭」にて鎌倉の和食をいただきました。

P608009320180608_130737

午後からは、オプションで、希望者と一緒に鎌倉大仏や由比ヶ浜を歩きました。

P6080100P6080111P6080114

現在も人が住んでいたりして、外から眺めるだけの建物もありましたが、鎌倉に馴染みのある人も普段通らない道や風景に振れ、新たな鎌倉に振れた日になりました。
(小川)

2018年6月10日 (日)

H30 TEAM はまとびむし 6月

海岸美化プロジェクト 6月の活動

実施日:6月5日
会場:オーシャンファミリー海洋自然体験センター&大浜海岸
テーマ:海岸のゴミ拾い・集計・磯遊び
参加者:9名
今日は、3回目の海岸美化プロジェクトです。
天気も良く、潮風が頬に気持ちがいいです、富士山も白い頭を見せてくれています。
富士山を見ると、よーし!今日もヤルゾーと元気が出ます。

P6050003P6050006

今回は、7期生の岡村さんも参加してくださり、総勢9名での作業になりました。

今回の作業のやり方は、3名づつの3グループに分かれて、ゴミを拾いながら分別と調査を行う方法で進めていきました。

P6050001P6050013

P6050005P6050010

P6050004P6050014

相変わらず、プラスチックの破片が多いのには驚きます。これらを魚や鳥たちが誤飲して病気になってしまうのかと思うと、拾うのにも熱が入ります。

P6050017P6050018P6050016P6050020

午後からは、各自それぞれ楽しい磯遊びをして過ごしました。

P6050024P6050031

P6050026イソスジエビ

P6050030ナベカ

初めて見た「アメフラシ」は全体が。真っ黒で近寄りがたい感じでした。
恐る恐る触ってみると、ふかふかのクッション?マシュマロ?
何と・・・・・の感触でした。(下尾)

150524_2130330_1

アメフラシの写真を撮り忘れてしまいました。仲間のアマクサアメフラシの写真です。(檀野)

2018年6月 2日 (土)

h30 入門コース 第4回 「地球の調べ方入門」城ケ島で地層観察

実施日: 平成30522()

会場: 城ケ島(神奈川県三浦市三崎町城ケ島)

講師: 内野哲様(日本地学学会会員/元神奈川地学会会長)

テーマ: 地層観察入門(地球の調べ方入門)

参加者: 受講12(8: 11, 7: 1), スタッフ4

地学やら地層というと非日常の典型に思われています。でもニユースでは、 長野で頻発している地震・チバニアン・キラウエア溶岩が紙面を賑わせています。 また、2011年の東北地方太平洋沖地震や1995年の阪神・淡路大震災は生涯忘れることはできません。今回は、城ケ島で地層を直接的に観て,解説して頂く事により、地学を少しは身近に感じるようになり、少しでも多く地球の事を知りたいと希望しています。

 P5220002P5220004

午前中は、城ケ島停留所から少し歩き、浸食がくっきりとした広場で, 前知識としての基本事項の御説明を頂きました。かなりの量があり、叩き込まれた感じです。岩石には、火成岩と堆積岩があります。火成岩はマグマが固まったもので、色は白か黒。地球の中の石は黒く、溶けるとマグマになります。「できたてマグマ」は、高温で粘りが低くサラサラしていて黒い。しばらくすると、分離して「上澄みマグマ」が誕生します。「上澄みマグマ」は低温で粘りが高くネバネバしていて白いという特徴があります。「できたてマグマ」は、溶岩がじわーっと流れ出し続ける火山になり、「上澄みマグマ」は爆発的に噴火する火山になります。

P5220007P5220008P5220009P5220010

また, 地表を構成する堆積岩は、砂・泥・岩の表面の粒など、の大きさと色、あるいは, それらの並び順から堆積の様子を知る事が出来ます。ところで、堆積した時は水平方向だった地層ですが、地殻変動で、引っ張られたり、圧縮されたりして傾いたり、ずれたりします。

P5220036P5220019

地層から地面の動きを読み解こうというわけです。

 P5220032P5220034

楫の三郎山神社(かじのさぶろうやまじんじゃ)付近の露頭では, 傾斜した地層が複数層, “ごそっとずれているのがくっきりと見える個所があります。 地表隆起や“ずれ”があった事がわかります。

 P5220022P5220023

“スランプ”という構造では複数回の湾曲が実にくっきりと見えますがこれは実は海底で堆積中時に起きた時滑りの痕跡だとの事で, “うむむと唸ってしまいます。

 P5220038

生物の痕跡により、地層の年代を確認できます。ボーリングシェルや生痕化石を観る事が出来ます。どんな生物が棲んでいたのか想像をたくましくします。

 P5220045P5220060

地層の上下を判断するサインも所々に見られます。

P5220053_2P5220065P5220039P5220084

地層がスタジアムのように扇状に変形したダイナミックな景観も!

P5220072P5220073

露頭に縦斜め方向の亀裂の顕われた断層があり, 西側と東側とでは地層がくっきりと異なるのが解ります。

P5220074P5220075

更に東に歩き, 馬の背洞門へ。かつて, この不思議な形の洞門を, 満潮時には小舟がくぐる事ができたとの事ですが, 今はくぐれません。関東大震災時に1.5mも隆起したからだとの事です。

 P5220076P5220078

ここから今までの西側を振り返ると, 標高の高い個所は平らになっています。これは海食台で3万年前に隆起したとの事です。

 P5220083P5220088

馬の背洞門の脇の舗装された階段を昇り, 竹が植えてある箱根ローム層の道は, 今までの悪路が嘘のようです。舗装された道路を歩くのに自分など慣れ過ぎてしまっているのが解ります。途中の海鵜展望台で, 島の東部の露頭を観ます。上部のローム層には樹木が生い茂っています。下部の層は不整合で上部と接しています。

 

P5220089P5220052

内野先生の御講義なさった事で記憶に深いのは, 下記の2点です。

(1) “1,000年なんぞ瞬間だとの事です。地層の一つの縞模様ができるのにはそれこそ何十万年も何百万年も要します。ため, “自分の生きている時期には地層に変化なぞあるわけがないとつい思いがちです。あにはからんや。地震や火山噴火で地形が変わった だの 地すべりで地面がひび割れた だの 海岸線が随分と変化してしまった など 短い期間にも多くの変化があります。

(2) 地表から地球の中心に向かって, 地球半径のわずか0.15%しか調査できない事も重要です。非常に少ない観察結果からであっても全体を知る努力は現在も精力的に進められている事は御存知の通りですね。地球は半径6,400km弱もあります。それに引き替え, 実際に観測可能なのは, 深海調査艇による調査を含めてさえ10kmなのです。

 (文責: 紺谷(7期終了))

 

2018年5月18日 (金)

H30 専科コース 第2回「染料植物観察」

実施日:平成30年5月17日(木)
会場:川崎市黒川青少年野外活動センター
講師:森遊倶楽部/森林インストラクター 四反田 有弘氏
テーマ:万葉のよこやまの道で染料植物観察
参加者:15名 サポートスタッフ2名

今日のテーマは染料植物。午前中は座学、午後はセンターから「よこやまの道」を通り、はるひ野駅まで歩き、染料植物を探しました。

Dsc00026Dsc00104

座学のテーマは、「色の始まりと草木染め・日本の伝統色」。
P5180004Dsc00024

万葉時代には、もうすでに多様な色を認識し、植物や風景の名前をそのまま色の名にしていました。例えば、茜色(あかね)や紫紺(しこん)、若竹色などです。

また、聖徳太子が「冠位十二階」を定め、冠位に色を定めました。冠位と色彩の繋がりが強くなり、身分は色彩により区別されるようになり、貴族階級は色彩美を意識し美意識が完成されていくことになります。

布は水にさらし白くすることから始まり、草木を使って染め、染を重ねたり、媒染を使う等工夫を凝らして多様な色を生み出しました。

P5170005P5170006

外に出ました。まずは、どんぐり山から。ここにも染料に適した植物が数多く見られました。色々なものを見つけながら進みます。

 P5170010P5170012

次は汁守神社です。大木があったり、見事な椿があったり、神秘的な場所にも染料植物が見られます。

 Dsc00054Dsc00061P5170026P5170027_2

次は、「谷戸」と呼ばれる丘陵に挟まれた、くぼみの道を進みます。ここではいくつかの染料植物と、畑の作物を観察しました。

P5170038Dsc00077P5170021_2Dsc00074

谷戸から山の中を尾根に向かい、「よこやまの道」に出ました。「よこやまの道」は古代より武蔵野と相模野を眺められる高台にあり、西国と東国を結ぶ要衝として活用されていました。「万葉集にも詠われた防人の道」でもあり、万葉の色を思いながらの散策です。

Dsc00106P5170055P5170057_2P5170060
前は住宅街、後ろは山。なんだか不思議な感覚でした。

 P5170058P5170052
峠を下り、はるひ野駅へと到着。時間にして二時間ちょっとでしたが、あっという間に感じました。ただ、とても暑い一日でした。

Dsc00113Dsc00118

皆さん、お疲れ様でした。(檀野)

2018年5月 9日 (水)

H30 入門コース3回目 「植物入門 春の草花観察」

実施日:平成3058日(火)

会場:県立四季の森公園

講師:NPO法人全国森林インストラクター神奈川会 菅原 啓之

テーマ:植物入門講座(1) 春の草花の観察

参加者:8期生12名 聴講生4名 サポートスタッフ3名

 AB

 午前中は、室内で、「春の草花」(なぜ植物は花を咲かせるのか)の座学を行った。

配布資料と、パワーポイントの投影を合わせ、解説いただいた。

内容ポイントは以下である。

 

 CD

何のために花を咲かせるのか=遺伝子を後世に残す

花と人との関わり=人だけが花を愛でる

自然の中には無駄がない(木や森の役割・森林とは)=生態系は植物(生産者)・動物(消費者)・微生物(分解者)が相互関連して成り立っている

春の草花=暑い夏を種子で乗り切るため春に花を咲かせる植物は多い

花はどうやってできたのか=葉が進化した

花の進化=有性生殖

植物は季節の訪れを前もって知っているか=日の長さを感じる

花の構造 受粉・受精=花の造り

   

EF

植物は、なぜ季節や時刻を決めて花を咲かせるのか

蕾を造る=葉で感じる、蕾が開く仕組み

ちょうちょの歌は、なぜ菜の花でなく菜の葉なのか=卵を産む

花の色割合は=白33%・黄30%・青23%・赤10%

花の形=媒介者によって変わる(風・チョウ・ハチ・アリ・・)

植物の神秘生活=意思はあるのか

バラについて=原種と栽培種

最後に=植物から生きる知恵を学んでほしい

 

午後は、公園内の野外観察に出かけた。

あいにくの曇り空であったが、終了時に雨がぱらつく程度で、充実した観察が行えた。

   

 GH

公園の北門では、カツラ・ケヤキ・アキニレ・ツツジなどを観察。

雌雄異株(雄の木と雌の木)、花の咲き方、花粉の媒介者などを学ぶ。

合わせて、各植物の名称の由来、人間生活との関わり、海外での扱い、歴史文化とのかかわりなど、幅広いお話をいただいた。

以下は、観察のポイントである。

池から木道を通り、ドクダミ・キショウブ・ヤマグワの実・セリバヒエンソウ・ナノハナ。

 I_2J

ヨシ原の脇道では、ガマズミ・ホウノキの花・ハハコグサ・シロツメクサ・スイレン。

KL

道の斜面では、ナルコユリ・エゴノキの花・ノアザミ。

MN

ヨシ原を戻りながら、ヒメグルミ・シナサワグルミ・マユミ・ヤマボウシ・キブシ。

OP

水車小屋を回って、ショウブ田、サンシュユ、ハナイカダ、フタリシズカ、ヤマザクラ、ゼンマイ。

QR

池を横断する鯉のぼりを眺めながら、2時間の野外観察を終了した。

P5080080P5080099

多くの、樹木の花、春の草花を観察し、午前中の座学内容も、現物を観察しながら復習できた。久野

 

 

2018年5月 5日 (土)

H30 TEAM はまとびむし 5月

海岸美化プロジェクト 5月の活動

実施日:平成30年5月1日

会場:オーシャンファミリー海洋自然体験センター&大浜海岸

講師:NPO 湘南クリーンエイド・フォーラム 代表 五十嵐 実 氏

テーマ:ゴミ調査の意義と方法

参加者:9名

文字どおり五月晴れの51日、4月に立ち上げたばかりの「チームはまとびむし」のメンバー9名は葉山公園の海岸の清掃活動をしました。

P5010002P5010001

当日は、ご自身が代表を務める「NPO湘南クリーンエイドフォーラム」の五十嵐さんにお出で頂きました。

P5010005P5010006

26年もの長きにわたって、活動している荒川のお話し。世界規模でゴミ問題に関わって来られた活動の方法の意義や効果、そして調査方法を教えて頂きました。

P5010007P5010008P5010013P5010012

2050年には海の魚の数よりもプラスチックゴミの量が上回ると言われているそうです。一人一人が意識を持ってゴミの問題を考えることが大事と感じます。

P5010021_2

一人の百歩より百人の一歩、多くの方々の参加を歓迎します!(林田)

P5010016P5010018P5010033P5010034

浜には、海岸特有のハマヒルガオやハマダイコンが咲いていて

P5010020漁師のおじさんは、軽トラックいっぱいに、ヒジキを収穫していました。春の葉山を感じました。

2018年5月 3日 (木)

h30 入門コース 第2回 「野外活動入門 サバイバルに活かせるアウトドア技術」

実施日:平成30424日(火)

会場:川崎市黒川青少年野外活動センター

講師:黒川青少年野外活動センター 所長 野口  

テーマ:野外活動入門 サバイバルに活かせるアウトドア技術

参加者:8期生13名 サポートスタッフ3名

 

午前中は、ドラム缶ピザ体験。

粉から捏ねて、伸ばしてピザ生地の出来上がり。

P4240079P4240084

上に乗せる材料も切りそろえて、トッピング。

 P1010941P1010951

ドラム缶のほうは、メタルマッチで着火、薪をくべてピザ焼。

P4240091P1010949

おいしそうに焼けました。みんな満足そうにほおばっています。

Dsc08414Dsc08417

食後は、野口所長自慢の生豆から焙煎したてのコーヒーをいただきました。

 

午後は、ロープワーク。

基本の「本結び」「巻き結び」「自在結び」を習いました。

P4240103P1010966

若干苦労しながら、いっぺんではなかなか覚えきれない様子。

その後は、タープ立て。

屋内で簡単な練習のあと、野外での実践。

今年は本格的に、翌日の雨に備えて大きなブルーシートの3枚連続掛け。

まずは、大きな桜の木にロープをかけて、竹を支柱にしてロープを張り、ブルーシートをかける。

P1010971P1010974

支柱やロープとの固定は、「巻き結び」。

ブルーシートが立ち上がったら、4隅をペグで固定「自在結び」。

P4240107P1010977

大きなタープの出来上がり。

Dsc08426P4240109

参加者は、本格的なタープ立てにやり切った感も見られました。(西尾)

2018年4月30日 (月)

H30 入門コース 第1回 「開講式・自然観察入門」

実施日:平成30年4月17日(火)

会場:川崎市黒川青少年野外活動センター
講師:NPO法人 やまぼうし自然学校 丹野 雅之 氏
テーマ:開講式・ガイダンス・自然観察入門
参加者:8期生13名 サポートスタッフ4名

4月17日に平成30年度入門コース第1回が開催されました。

開講式

P1010891P1010894

NPO法人神奈川シニア自然大学校 佐藤理事長から、1年間の講座を通して自然から色々なことを学びつつ、仲間作りを通して充実したシニアライフを といった挨拶から始まりました。

川崎市黒川青少年野外活動センターの野口所長からも祝辞をいただきました。

参加者は13名、女性が3名と少なめな8期のスタートです。

開講式のあとガイダンス

P1010898P1010899装備の説明では多くの方が登山等の経験者でしたが、一部の方は一からすべてそろえなければという方も。

P1010900P1010933

自己紹介タイムでは、少しは周りの方との触れ合いも。

午後は、丹野先生から「自然に親しむ-自然観察入門」の講義。

P4170129P4170130

クイズを交えて、神奈川の自然、観察の道具等のお話。

その後は、実際のフィールドへ出ての自然観察。

P1010910P1010914

セレサモスから水力発電所を経て汁守神社へのコース。

P4300006P4300027

道筋の植物を丹野先生が解説。

P4300030P4190006

質問も次々と受講生も熱心に興味深そうに観察していた。

PhotoP4300019

こんな身近にこれほどの自然があるとはとの感想も。

P4300003P4300014

受講生はきっとこれからの1年を期待して第1回目が無事終了。(西尾)

2018年4月29日 (日)

H30 共催 新緑の西鎌倉・広町緑地

実施日:平成30年4月23日

会場:広町緑地・鎌倉腰越・龍口寺

講師:森林インストラクター(神奈川シニア自然大学校修了生)

     久野 正樹 氏  大橋 泰雄 氏

参加者:13名 サポートスタッフ2名

日本セカンドライフ協会とのコラボイベントで西鎌倉から広町緑地を歩き、季節のしらす料理を堪能してきました。

当日は曇り空でしたが、すがすがしい空気の中気持ちよく散策を楽しめました。

P4060052P4060051

鎌倉広町緑地は、鎌倉市の南西部・腰越地域に位置する都市林です。
約48haの広大な緑地は、複雑に入り組む谷戸と丘陵地で形成され、わき水が流れ込む多様な水辺環境では、質の高い生態系が維持されています。宅地開発が進んだ時期には、開発か保全かで様々な議論がでましたが、都市林として保全することになり現在に至っています。尾根には相模湾や富士山を望む眺望スポットが点在しており、御所谷入口付近の谷戸では、鎌倉市と市民が協力して進めてきた里山復元活動により、カエルが鳴き、トンボが飛び交う、かつての里山風景を楽しむことができます。

広町緑地でご挨拶、2チームに分かれて散策開始です。

P4230004P4230005

まずは、田んぼや畑を残している御所谷の散策

P4060054P4230010

P4230019P4230020

大きなエノキやメタセコイヤの樹形がなんともいい形です。

P4230030P4230025

次に竹ヶ谷の散策。谷が両側から迫り、湿った環境です。

以前は、湿地のぎりぎりまで田んぼとして活用していたようです。

P4230043P4230049

湿地が終わると、シダが何種類か生い茂り感じが一変します。

P4230050

そんな道端にセリバヒエンソウが咲いていました。

葉がセリに似ていて、花はツバメが飛んでいるかのよう(飛燕)。そんな風にみえますか?

P4230039P4230034P4230033

尾根道は、乾燥した環境、南からは海風が塩を持ってきます。

紫外線対策や塩害対策を施した工夫に興味が尽きません。

P4230051P4060087

P42300546

広町緑地に別れを告げ、海を見ながら斜面を降りると

江ノ電「鎌倉高校前」駅、一駅区間、江ノ電の旅。

P4230060P4060100

江ノ電の脇を歩いて、お待ちかね、昼食は老舗「かきや」で しらす三昧!

P4230062P4230063

午後からは、鎌倉の歴史探訪

P4230067_2P4230069_2

龍口寺:腰越の「五頭龍伝説」では、昔、五つの頭を持つ龍が暴れ人々を困らせた。ある日江の島に「弁財天」(天女)が現れ、惹かれた龍が、弁財天に諭されその後善行をおこない、龍が山となって人々を守ったといわています。龍口山のあたりが龍の口、広町緑地の竜王山が胴体とも言われています。流域だけでなく、伝説でも広町緑地と腰越の海はつながっていました。

P4230072

常立時:鎌倉時代、元寇の際、降伏勧告に使わされた元使が北条時宗の命により斬首された供養塔と伝えられています。モンゴル出身の力士が参拝されるとのことです。

鎌倉に残された自然と歴史の一端に触れた散策でした。

参加された皆様、ありがとうございました。(檀野)

«H30 海岸美化プロジェクト始動

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ