2020年3月15日 (日)

2019年度 入門コース第10回「里山の植物観察 冬」

神奈川シニア入門コース
第10回「里山の植物観察 冬」
2020年2月19日

年間を通じて設定されている里山の植物観察。
春、秋に続く3回目は植物の冬越し戦略や
春を迎える準備について学びます。

10_20200315124701 
震える「冬」からエネルギーが張る「春」へ。
午前中の講義は、子孫を残すための植物の冬越しがテーマです。

10_20200315124702
講師は全国森林インストラクター神奈川会の
菅原啓之氏です。

10_20200315124703
「スミレ科」はおよそ16属850種、そのうち400種を
「スミレ属」が占め、科全体としては樹木のほうが多い・・・
ちなみに日本産はすべて草本、しかも学名があるものは250!そんな専門性の高い話題から、
ハハコグサの草餅はヨモギより美味しいという耳より情報まで。
興味が尽きません。

10_20200315124704
お待ちかねランチタイムです。

10_20200315124705
今日はお焦げが美味しそうにできています。
おかわり続出!     

10_20200315124801
午後の里山観察はセンター裏山からスタート。
クロモジやヤマハンノキの冬の様子をじっくりと。

10_20200315124802
丸いのはヤマハンノキの実。
細長く下がっているのは雄花です。

10_20200315124804
まだまだ茶系が多い景色の中でひときわ
目を引くカンザクラのピンク。
今日の青空によく映え、皆さんからも歓声が。

10_20200315124806
カンザクラはカンヒザクラとヤマザクラとの系統(アタミザクラ)と
一般には言われていますが、カンヒザクラとオオシマザクラ系統(カワズザクラ)の
早咲き種もカンザクラと呼ばれることがあります。
10_20200315124805
町田市に接する真光寺公園を目指して
さらに尾根道を進みます。
10_20200315133101
真行寺公園の敷地に入ると梅も
ほころび始めていました。

10_20200315124803
10_20200315133104
10_20200315133103
ヤブツバキの濃いピンクが目を引きます。

10_20200315133102
花びらの散り方でサザンカとの区別がつきますが、
紡錘形の冬芽や裏面の主脈などが無毛かどうかで
見分ける方法もあると教えていただきました。

10_20200315133201
真冬の公園内は人もまばら。
広い敷地内はほとんど貸し切り状態です。
すっかり葉を落としているので樹形がよくわかります。

10_20200315133202
真光寺公園を抜け、常照寺の脇道を
黒川駅方面に戻ります。

10_20200315133203
美味しそうな(!)フキノトウ発見。(採取はしません。)
オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ハコベなど早春の草花を観察します。

10_20200315133204
10_20200315133205

10_20200315133206
秋にはたわわだったカリンが落ちていたり、
気づかなかったマンサクが花をつけていたりと
季節の違いを楽しみながら黒川駅に到着。解散となりました。

真冬ではありましたが風もなく、
日差しも降り注ぐなかでの里山歩き。
身近な自然に接し刻々と近づく春を実感した一日でした。(事務局:石川)

2020年2月13日 (木)

2019年度 専科コース第8回「真冬の野鳥観察」

神奈川シニア専科コース
第8回「真冬の野鳥観察」
2020年2月5日
フィールド 境川遊水地

寒暖の差が激しいこの頃ですが、
当日は気温高めで風もない穏やかな晴天。
真冬の野鳥観察にはうってつけです。

81
湘南台駅から出発。
近くの公園でブリーフィングです。

82
講師は全国森林インストラクター神奈川会の中澤均氏。
専科ではここ数年お世話になっています。
本日も高性能スコープをお持ちいただき
観察に期待が高まります。

84
チェックリストなど装備点検や各自の双眼鏡調整。
支度を整え遊水地へ向かいます。

85
鉄道高架の壁にカワセミのイラストが。

86
イラストを見ながらまずは予習。
「中央に描かれているのが雌。
 下の嘴(くちばし)が赤いです。」

87
遊水地に向かう道端にはヒイラギナンテンの
黄色い花がほころびかけていました。
例年より早いかな?

88
開設間もない今田管理センターに到着。
今田遊水地を管理する機能に加え、環境学習や
地域活動の場として利用できるようになっています。

89
展示スペースには過去の台風や大雨での
大規模な水害状況がわかる資料が掲示されています。

812
810

811
2_20200213161501
中央広場を横切って川べりへ。
カモ類がたくさん見られます。
中澤さんの説明を聞きつつ、双眼鏡を覗き
図鑑写真と比較、チェックリストの記入。
そしてカメラ撮影と忙しいです。

813
中央広場の石積みにも昨年の台風の痕跡が
随所に見られましたが、境川護岸の草木にも
浮遊していたであろうゴミがたくさん引っ掛かっています。
すべて取り除くには膨大な労力が要りそうです・・・

814
815
藤沢市から横浜市泉区へ。鷺舞橋に到着です。
ここまでで河川や草むら、空中に飛来したものも含めて
20種以上の野鳥出現です!
中澤さんの誘導でひたすら観察、チェック、撮影、図鑑で確認・・
の作業が続きます。

816
Photo_20200213161801
1_20200213161501
俣野、下飯田、今田の各遊水地には
ビオトープが整備され、動植物の保全を行っているそうです。
(境川遊水地公園パンフレットより)

817
3_20200213161501
カワセミは各所に出現しました。
枯れた葦原の中にいますが見つけられますか?
今日はお天気もよいので順光だと羽の色が
いちだんと綺麗です。

818
819
新遊水地橋のたもとにはオオジュリン出現。
保護色でなかなか見つけにくいのですが
さえずりや動きをたよりに双眼鏡で追います。

820
境川遊水地情報センターに到着。
昼食休憩をはさんで午後は座学です。

821
822
中澤さんのご用意くださったわかりやすい資料と
軽妙な語り口で野鳥全般についての講義。
「鳥は恐竜の仲間」ということも系統樹で再確認!

824
座学後は対岸を湘南台駅まで。途中で立派な雄のキジ、
今田管理センターのビオトープではヨシガモのペアも
観察することができました。
声も含め石川メモでは32種。
参加の皆さん、大満足の野鳥観察でした。
(事務局:石川、野鳥画像提供:松永さん

2020年1月26日 (日)

2019年度 入門コース第9回「発酵食品~麹のちから~」

神奈川シニア入門コース
第9回「発酵食品~麹のちから~」
2020年1月15日

9_20200126172401 9_20200126172402
東京シニア、千葉シニア聴講生を迎えての
第9回入門コース。
講師は黒川青少年野外活動センター所長の野口透氏です。

9_20200126172303 9_20200126172301
ずらりと並ぶ野口氏の発酵食品コレクション!
日本伝統『麹』のちからをフルに活かしたものばかりです。

9_20200126172302 9_20200126172501
百聞は一見に如かずということで
まずは味噌の食べ比べ。

9_20200126173101 9_20200126172502
大根はセンター敷地内で栽培した採れたてのもの。
お味はいかがでしょうか?

9_20200126173301 9_20200126172601
米麹の仕込み方レクチャーのあと
いざ、実践です。

9_20200126173501 9_20200126173502

9_20200126172602
麹をフネ
に移したら蒲鉾状に整え
室に格納して作業は終了です。
温度管理をしながら<手返し>を繰り返し完成を待ちます。
完成までの様子はセンターのブログ「どんぐり山通信」でご覧ください。

9_20200126172603 9_20200126172604
野口所長の十八番、つぼ焼き芋もいい具合に
出来上がりました。
講座の締めはおいしい焼き芋を頬ばりながら。
皆さんお疲れさまでした。(事務局:石川)

2019年度 専科コース第7回「六国峠-能見台緑地-古道を巡る低山ハイク」

神奈川シニア専科コース

7回「六国峠-能見台緑地-古道を巡る低山ハイク」

2020年1月15

 

新年早々、荒天により1週間延期となった専科コース。

この日も地域によっては大雨が降ったようですが、現地は晴れでした。

1_20200126170501

京急線・金沢文庫駅からスタート。

講師は全国森林インストラクター神奈川会の広川一久氏です。

2_20200126170501

3_20200126170501

住宅街からハイキングコースへ。

前年秋の台風でここもかなりのダメージを受けたとのこと。

爪痕が各所に見られました。

4_20200126170501

能見堂緑地では暖冬でしょうか、

早くもミツバツツジが咲き始めていました

5_20200126170501

16_20200126170501

江戸時代の安藤広重の金沢八景の浮世絵の一枚。明の僧が能見堂からの景色を故郷を 懐かしみ名前を付けたそうです。

能見堂跡地からの風景を江戸時代の金沢八景の浮世絵で再認識。版画には五感に訴えるイメージがふんだんに取り込まれています。

6_20200126170501

不動池の枯れ木には珍しくゴイサギが群れていました。幼鳥も含まれた家族かもしれません。

 

7_20200126170501

昼食をとった「ののはな館」の脇にはめずらしジャヤナギ(マメ科)の古木が巻き付いていました。

8_20200126170501

オセアニア原産、ブラシノキの果実です。堅く、山火事の後の雨水で発芽するユーカリに似ています。しかしながらオーストラリアの山火事は悲惨です。

9_20200126170501

ヤドリギの果実です。ケヤキなどの高木の上部に宿るのですが、珍しく手が届くところにありました。ヒレンジャクなどの好物です。

10_20200126170501

モミジイチゴが、シダの谷で冬に目立つ赤い実を付けていました。

11_20200126170501

シダの谷では鮮やかな青い実を付けたノシランが多く見られました。

12_20200126170501

シダの谷では、多くのシダ類が冬でも常緑で寒さに耐えていました。イワガネゼンマイの葉裏には胞子嚢がたくさんついています。

13_20200126170501

金沢自然公園の展望台からは、金沢八景浮世絵にも描かれた、野島、夏島が一望できました。昔は海だったところが埋め立てられ、残念ながら当時の風情はありません。

14_20200126171401

六国峠ハイキングコースの尾根は海底が隆起してできたものです。地層が縞模様のクロスラミナが見られます。

15_20200126170501

コナラのドングリから発芽しています。同じ頭から根が出て、次に子葉が出てきます。

17_20200126170501

シュロがはびこっています。大きくなると除伐が大変で、他の植物にも厄介者です。

18_20200126170501

ドウダンツツジの紅葉がきれいです。広川講師から、なぜ紅葉するのか詳しい解説をいただきました。

19_20200126170501

スイセンも咲きだしました。地中海原産で中国経由で日本に渡来したようです

20_20200126170501
カシワの木。冬でも落葉しない樹木もあります。進化の歴史が浅く、落葉前の離層がうまくできないためのようです。

ハイキング終了後は金沢文庫駅前で恒例の懇親会。講師も交え賀詞交歓会となりました。(専科講師/久野さん記 記録撮影/下尾さん)

 

2019年12月22日 (日)

2019年度 入門コース第8回「しめ縄飾りと正月文化」

神奈川シニア入門コース
第8回「しめ縄飾りと正月文化」
2019年12月18日

年の瀬の講座にふさわしくお正月飾りを制作します。
シニア自然大学校入門コースでは開講以来、
恒例になっています。

8_20191222193701
7月の「伝統パッケージ」でも稲という素材に触れましたが、
本日は「日本人と稲作文化」という視点から学びます。

8_20191222193702
しめ縄飾り完成品のイメージはこちら。
藁を綯(な)うところから手作りするので、ハードルが高そうですが大丈夫。
素敵な作品ができますよ!

8_20191222193703
先月に続きNさんから畑のダイコンとお蜜柑の差し入れです。
重いのにいつもありがとうございます!
講師手作りの藁籠に入れてお披露目。

8_20191222193704
講師はやまぼうし自然学校の丹野雅之氏。
サンプルで並べたわら細工はほとんどが氏の手作りです。
稲作文化、植物としての「イネ」、藁の生活文化、
しめ縄飾りの民俗文化などを学びました。

8_20191222194001
座学のあとは藁綯いの実習です。
昔ながらの藁綯い(これが難しい!)を体験したのち
丁寧に下処理された藁をふたり一組で綯い、輪飾りに仕立てました

8_20191222194002
山形出身の丹野氏は3歳の頃から(!)見よう見まねで
藁を綯ったそう。受講生の中にもおひとり、子ども時代に藁綯いを
体験されている方がおり、にわか講師となり皆さんに頼られていました。

8_20191222194003
お待ちかね、ランチタイム。
配食も手際よくなってきました。
Nさんから差し入れのダイコンはお味噌汁と浅漬けにして
ご提供させていただきました。

8_20191222194004

8_20191222194301
午後は輪飾りに装飾を施していきます。
四手、紅白水引、松枝、千両、裏白などなど、
ひとつひとつ丁寧に取り付けていきます。

8_20191222194302
デパートの実演販売さながらのレクチャー(笑)。
「バランスにこだわれば素敵な仕上がりになります」
皆さん真剣な眼差し!

8_20191222194303
はじめて手にする水引。男性陣はフローラルワイヤーも
恐らく初めての扱いですね。

8_20191222194304
なかには楽し気に、笑顔で余裕の方も。

8_20191222194405

8_20191222194406
全員が無事に素敵な完成品を手にすることができました!
講座で仕入れたうんちくも盛って、一から手作りしたことをぜひ
ご家族に自慢してください。皆さまに素敵な新年が訪れますよう。

第8回講座のあとは夕方から忘年会も楽しんで
にこやかにお開きとなりました。 (事務局:石川)



2019年11月29日 (金)

2019年度 入門コース第7回「里山の植物観察 秋」

神奈川シニア入門コース
第7回「里山の植物観察 秋」
2019年11月20日

70
本日の講座は里山の植物観察~秋編~。
座学では<紅葉><果実><冬芽>など植物のさまざまな
冬越し戦略を学び、その実態を野外観察で確かめます。

7_20191128181001 
講師は全国森林インストラクター神奈川会の久野正樹氏。
神奈川シニア1期生でもあります!

7_20191128181002 
フィールドは黒川周辺、汁森神社からスタート。
里山の自然観察~春~で辿ったコースを歩き、季節の変化を
捉える趣向です。

7_20191128181003 
カエデが色づき、よく見ると種子をつけています。

7_20191128181004 
落ちている種子を拾って観察してみます。
一方はカエデ、もう一方はシデ。風に舞って遠くまで運ばれるよう
仕組みになっていることがわかります。

7_20191128181005 
汁森神社の境内奥。さて春との違いは?

7_20191128181006 
ケヤキもすっかり葉を落としています。

7_20191128181007 
洞はムササビの住処では?という説明に思わず見上げます。
昼間はお目にかかれませんが。

7_20191128181008 
汁森神社を出て里地へ。
左手には農地が続きます。

7_20191128181701  
最近目にしなくなっていたセイタカアワダチソウが群生しています
ひところより背が低くなって復活でしょうか?

 7_20191128181009
農地から黒川海道特別緑地保全地区へ。
色づいた樹々が青空に映えます。
ハウチワカエデやコハウチワカエデの
特徴ある葉の形を観察。

7_20191128181010 
7_20191128181011 


7_20191128181012 
緑地では黒川里山アートプロジェクト
<緑と道の美術展>が開催されていました。

7_20191128181013 
手元のパフレットと作品を見比べながら鑑賞しました。
本日のルートで全部を鑑賞することは叶いませんでしたが
全部で25作品も点在しています。

7_20191128181014 
コナラやクヌギの落ち葉を踏みしめながら
さらに歩をすすめます。
あたり一面が茶色ですが、注意深く観察すると
トネアザミやヤクシソウなどがひっそりと花をつけています。

7_20191128181015 
7_20191128181016 


7_20191128181017 
大きなホオノキの実を発見。
このあたりは春の観察時には白いホオノキの花の香りが
漂っていました。

7_20191128181018 
日当たりのよいところには早くもホトケノザが見られます。

7_20191128181019 
緑地を抜け、セレサモス方面の農地へ。
午後3時近くになり、影もだいぶ伸びてきました。

7_20191128181020 
農地端に植えられたカリンの樹にはたわわに
実がついていて、遠目にもよく目立ちます。
ゴールは黒川駅。北風が強い一日でしたが
秋の里山を満喫しました。

7_20191128181021 
おまけ画像。
今日はNさんがビタミンCたっぷりのミカンと
カボチャをご提供くださいました。
カボチャには少しの砂糖を加え、巾着絞りにして
デザートとして頂きました!(事務局:石川)

2019年11月27日 (水)

2019年度 専科コース第6回「秦野の湧水地めぐり」

神奈川シニア専科コース
第6回「秦野の湧水地めぐり」
2019年11月6日

本日のフィールドは秦野盆地。
巨大な水瓶と言われるその地下水量は
推定2.8億トン=芦ノ湖の1,5倍!
家庭水道水の75パーセントが地下水利用となっています。

6_20191128174901 
小田急線秦野駅は2012年から特急ロマンスカーの停車駅。
特徴的な外観です。

6_20191128174902
本日のメイン講師は全国森林インストラクター神奈川会の
鈴置慎吾氏。お隣の東海大学前駅にお住まいで、
神奈川シニア2期生でもあります!

6_20191128174903 
秦野駅近くの児童公園、
大きなキンモクセイの下でブリーフィング。

6_20191128174904 
キンモクセイがどのくらい大木であるか
おわかりいただけるように、遠くからのショット。

6_20191128175001 
抜けるような青空。
街並みの向こうには大山が見えました。

6_20191128175002 
スタートは<弘法の清水>。
昭和60年に選定された名水百選『秦野盆地湧水群』の代表的な湧水。
平成元年に汚染が発覚したものの、市による対策により
劇的に水質が改善し平成16年に『名水復活』が宣言されました。

6_20191128175003 
弘法大師の伝説が残る湧き水。
井戸の形が臼に似ていたので臼井戸と呼びこの地区の
小字名になっています。

6_20191128175004 
ご近所の方でしょうか。野菜を洗っていました。
水温は年間を通して16℃前後だそう。

6_20191128175005 
水量は日量130トン前後で安定しているそうです。

6_20191128175006 
溢れる湧き水の大きな池があった寿徳寺の
横を通り、崖下のせせらぎへ。

6_20191128175007 
湧き水は今も健在です。

6_20191128175008 
秋の空にススキがそよいでいます。

6_20191128175009 
いつも水量が豊富だという宝川。
しばらくは川沿いを伝いながら進みます。

6_20191128175601 

6_20191204164401
川沿いのフェンスにノブドウ発見。
色づき始めた実は秋の深まりを感じさせます。

6_20191128175010 

6_20191128175011 

6_20191128175012 
頭上にはエンジュの実がたわわに下がっています。

6_20191204142901
今泉名水桜公園に到着。
古代からの水汲み場で池の底からは土器破片も大量に出土。
18種のサクラが植樹され一年を通して楽しめるそう。

6_20191204142902
十月桜が綻んでいました。
青空を背景に花の色が映えます。

6_20191204142903
フォトスポットの看板も。
春にもぜひ訪れてみたいものです。

6_20191204142904
秦野盆地湧水群の中でも最大級の湧き水量を
誇る今泉湧池。その量2700トン/日!

6_20191128175013 
今泉名水桜公園を後に白笹稲荷神社へ。
クサギが可憐な実をつけていて目を引きます。

6_20191128175014 
こちらはおなじみアオツヅラフジの実。
実りの秋を感じます。

6_20191128175015
白笹稲荷神社到着。
お稲荷さんはもともと稲作、穀物の神様。
農作物の生育に必要なのが水源です。
境内の境内には一貫田湧水があり、鎮座地として
最も優れた清々しい地といわれています。

6_20191128175016 
保存樹木のカゴノキ。
秦野市では珍しく、稀少な樹木です。

6_20191128175017 
樹皮アップ画像。
木肌が鹿の子模様とよく似ているのが特徴です。

6_20191128175018 
神様のお使い、お稲荷さんのキツネ。
稲をくわえています。

6_20191128175019 
愛らしいハトが屋根の端に設置されています。
これは火除けだそう。(神主さん談)

6_20191128175020 
屋根のふちに沿ってずらっと並ぶ様は
遠目にはほんもののように見えます。

6_20191128175021 
創建当初は『白篠稲荷』と称する小祠であったといい
年代は詳らかではないそうです。
関東三大稲荷のひとつとして信仰され
『お稲荷さん』として親しまれています。
女性の神主さんにお話しを伺うことができました。

6_20191128175022 
格子天井150枚に龍神様を中心として
風水四神、宝尽くしを配した天井絵は圧巻です!

6_20191128175023 
お稲荷さんとご縁の深いキツネ。祀られているのは
子どもを慈しみ育て日々お守りしている『子守り母狐』。
子どもの健やかな成長のご利益が授けられるそうです。

6_20191204143001
落花生を扱っている商店。
昔ながらの佇まいが目を引きます。
9月、10月の台風で落花生の収穫にダメージを受けたそうで
店頭に商品はありませんでした・・・

6_20191204143002
商店に併設『落花生工場』とあります!

6_20191204143003
出雲大社相模分祀に到着。森づくりを進めている
境内には『千年の杜の水』が湧き出しています。

6_20191204143004
地下50mから湧き出す『ゆずりの泉』。
ここが小藤川の源流となります。

6_20191204143005

6_201912041430066_20191204143007
住宅街や農地のあちらこちらに湧き水が。
下校途中の小学生が美味しそうに飲んでいました。

6_20191204143008
湿地帯を成していた荒井湧水は土地区画整理事業に伴い、
『今泉あらい湧水公園』として保存されています。

6_20191204143009 6_20191204143010

6_20191204143011
盆地の扇端に位置する今泉の盆地から
染み出すように湧き出た地下水が寄り集まって、
秦野駅前に荒井用水として流れ出ています。

6_20191204143012
再び秦野駅前。
今日はメイン講師の鈴置さんと、サブ講師の久野さんが
ご案内してくださいました。お疲れさまでした。

後日寄せられたアンケートから。
「2回目の秦野。複数回といえども更なる知識を得た。
講師、参加した仲間など、違えば学びはいつでも新鮮であることを実感。(抜粋)」
私も違う季節にもう一度訪れてみたいと感じたフィールドでした。 (事務局/石川)

2019年10月25日 (金)

2019年度 入門コース第6回「サバイバルに活かせるアウトドア技術」

神奈川シニア入門コース
第6回「サバイバルに活かせるアウトドア技術」
2019年10月16日
会場/フィールド 黒川青少年野外活動センター

折しも台風の大規模な被害が広がるなかでの講義となりました。
いざという時のために・・・しかし義務感や切実感は排除。
講師・野口透氏のお人柄も手伝い、和気あいあいと実習しながら
技術を習得することができたと思います。

センターのブログ、どんぐり山通信のリンクでご覧ください。
http://kurokawa-yagai.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-6d37b7.html

(事務局:石川)

2019年10月24日 (木)

2019年度 専科コース第5回「城ヶ島で探る大地の動き」

神奈川シニア専科コース
第5回「城ヶ島で探る大地の動き」
2019年10月2日
会場/フィールド 城ヶ島周辺

好天に恵まれましたが10月としては30℃を超える
異例の暑さの中で実施となりました。

1
京急三崎口からバスに揺られること20分余、
城ケ島大橋からの眺め。何しろ良い天気です。

2_20191024144901
三浦半島最南端の城ヶ島公園に到着。

本日は白秋碑前バス停からスタートです。

3_20191024144901
講師は全国森林インストラクター神奈川会の
大橋泰雄氏。2期生OBでもあります。

4_20191024144901
昭和35年に大橋架橋により移転された白秋歌碑。

「城ヶ島の雨」の一節は白秋自筆です。

5
ヒガンバナは例年よりかなり遅い開花です。

海岸のあちらこちらで見ごろでした。

6
神奈川水産技術センター、造船工場脇を抜け一本松へ。


7
堆積する際に生じた面白い地層を観察。

地層の上下関係を判断することができます。

8

9
崖に張り付くようにハマカンゾウが咲いています。


10
トンネルをくぐり
城ケ島公園内に向かいます。

11
春に天神島海岸でも観察したトベラ。

この季節は実が弾けています。

12
城ケ島第二展望台から三浦市方面の眺望。


13
正午近く日差しも強まり気温も上昇中ですが
見晴らしは最高です。

14
太平洋側の眺望。


15
ランチ後には補足講義を。

大地震による地殻変動などわかりやすく興味深い資料が次々と提示されました。

15-2

16
荒波と風によって削られた断崖絶壁の海食崖。

下部の地層を関東ローム層が覆っています。

17
馬の背洞門がある海岸に降ります。


18
関東大震災前はこの洞門を船が通行できたと
言われています。
観察のキーワードは海食洞の隆起、クロスラミナ、マッドボール。

19
西山一帯では地層がほぼ水平になっています。

地層の傾斜や火炎構造が観察できます。

20
生痕化石のあと。

探すとあちらこちらに見つけられます。

21_20191024145001
専門用語もたくさん出現しましたが、

工夫された資料を駆使してわかりやすく興味深い講義で
城ケ島を満喫できた1日でした。
強烈な暑さでしたが皆さん元気に最後まで
歩き通されて安堵しました。(事務局/石川)

2019年9月25日 (水)

2019年度 入門コース第5回「仲間と自分を守る~安全講話~」

神奈川シニア入門コース
第5回「仲間と自分を守る~安全講話~」
2019年9月18日
会場/フィールド 黒川青少年野外活動センター

5_
本日は安全に関する講座です。
自然体験活動における安全管理について学びます。

_
このところの暑さで体調を崩し気味の方も多く
本日は欠席多めです・・・

5__20190925132501
講師は大東文化大学 スポーツ・健康科学部教授の中村正雄氏です。

5__20190925132503
講義、実技、質疑応答を重ねながら丁寧にすすめます。

5__20190925132502
かつてお勤めの職場で強制研修した方もいらっしゃるようですが、
いざという時のために繰り返し体験することが大切です。

5__20190925132801
机上だけでなく実際のフィールドを歩いて
危険個所を把握する実習。五感フル活用です。

5__20190925132802  
いつもの風景。しかし視点を変えて眺めてみると
潜んでいる危険が見えてきます。

5__20190925132803
楽しみな羽釜ご飯。
今日は雨予報のため屋根付きの炊飯場で。

5__20190925132804
受講生のOさんから、畑で収穫されたという
大きなカボチャとジャガイモのご提供がありました!
ありがとうございます。

5__20190925132901
午前中の講義が終了。お待ちかねのランチです。

5__20190925133101
和やかなランチタイム。
今日は長野県産の丸ナスとモロッコインゲンのお味噌汁です。

5__20190925133102
カボチャとジャガイモは1期生Kさんが
ほくほくの煮物にしてくださいました。
いつもボランティア出動ありがとうございます!

5__20190925133103
午後はAED実習を中心に。
まずは中村先生のデモンストレーション。

5__20190925133104
プリントで確認しながらチームごとに練習開始です。

5__20190925133105
 
5__20190925133301
胸部圧迫は100-120回/毎分。
救急隊到着まで中断せずに続けるのは思いのほか大変です。

5__20190925133302
実習指南役、沿道の傍観者役、メイン救助役を分担し
救助方法など具体的な動きを確認します。

5__20190925133303
勇気をもって救助に一歩踏み出す大切さ、周囲の人との速やかな連携。
皆さんの活発な質疑応答の様子からも、実践的な知識と技術を
習得することができたのではと感じました。(事務局/石川)

«2019年度 専科コース第4回「横浜気象台と山手の丘の自然」

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ